JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

我が家にいます18歳になるメス猫の状態が悪いので質問させて頂きます。そもそも今年の7月くらいからまず鼻風邪をひいたの

解決済みの質問:

我が家にいます18歳になるメス猫の状態が悪いので質問させて頂きます。そもそも今年の7月くらいからまず鼻風邪をひいたのか嗅覚が衰え食事をとらなくなりました。すぐに病院へ行きまず風邪の治療をしてもらい治ってから今度は高齢なので血液検査をしましょうということになりました。
(当初、こちらが拒んでいたので実際には9月になって検査しました)
するとBUN97.6、CRE4.5と即入院が必要なくらいの値であると説明されました。入院はどうしてもいやだったので朝病院へ預け夜まで静脈点滴を3 日続けて行いました。そうしたところBUN55.4、CRE3.3まで下がったので
2日に一度皮下点滴を行うことに治療をきりかえました。
また今週の月曜と本日水曜にオゾン注入をあわせて行って頂きました。
治療を始めてから数値は少し下がったもののご飯は食べたり、食べなかったり、また食べても数時間後に吐いてしまうということが多く体重は2キロをきっています。(もともと小さい猫で元気なときで3.4キロくらいでした)
そんな状態でしたが今朝はとても元気そうで散歩をせがんできたので連れて行きました。鳥をみつけて追いかけることまでしてくれ家に戻りご飯も食べてくれたので安心していましたがまた1時間程で吐いてしまったそうです。(私は仕事で不在でしたので母から聞きました)
夕方、妹が病院へ連れていってくれ皮下点滴とオゾン注入をしてもらいました。夕飯も食べたらしいのですが、食後3時間くらいたって4回ほどに分けて吐いてしまいました。朝はあんなに元気そうだったのにかなり具合が悪そうで、呼吸も途中しゃっくりに似たようなものがまざりました。
1時間程そんな状態でしたが今は落ち着いています。しかし具合が悪いままなので猫用コタツからでてきません。
素人考えなのですが胃腸の具合が落ち着けば元気になりそうなのですが。
ただその具合の悪さが腎臓からきているのであればなんともできないのでしょうか。
あるいは腎臓以外の病気も隠されている可能性はありますか。

そういえば我が家にいる2歳なるオス猫が3週間ほど前に急性腎炎からくる高熱で3日程大変でした。黴菌が入ったのが原因ではと言われましたが
猫同士で感染することも考えられますか。

このまま同じ治療を続けるべきなのか、それとも医師と相談してもっと別の治療が必要なのでしょうか。
治療をやめてしまえば本当に先が短いような気がするため、かわいそうなのですが最低限の治療は続けたいです。ただそれによってさらに具合が悪くなるならそれはおかしいと思いますし。本当に悩んでおります。
何かアドバイスを頂ければ有難く存じます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

おはようございます。

18歳の猫ちゃんが慢性腎不全のため点滴とオゾン治療して、吐き気がひどいということですね。

CREが3位まで下がったのであれば、ある程度の食欲を維持できてもおかしくないですし、実際飼い主様の猫ちゃんも食欲はあるみたいです。しかし食後に吐いてしまうのは原因として胃炎、あるいはその他の内臓の異常の可能性があると思います。胃炎の原因としては慢性腎不全からくる胃酸分泌過多、胃内の細菌、などが一般的には考えられます。外に出る猫の場合は高齢であれば寄生虫疾患もあるかもしれませんので検便されることをお勧めします。

また胃以外の内臓の異常の可能性についてはレントゲン(胸部と腹部)、腹部エコー検査にて調べることをお勧めします。また血液検査で腎臓の数値以外は正常でレントゲンや腹部エコーでも特に異常が無い場合には、とりあえずファモチジン(ガスター)を処方していただき胃酸の分泌を抑えて胃の粘膜を保護する治療をされるのがよろしいかと思います。点滴は続けていただくことをお勧めします。オゾン療法は肛門からの注腸法でしょうか。注腸法よりは血液とオゾンを混ぜる治療が効果が高いとのことです。

また血液検査にてALT,ALKPの項目の上昇がある場合には甲状腺機能亢進症の可能性がありますので、甲状腺ホルモンT4を測定されることをお勧めします。甲状腺機能亢進症の猫ちゃんで腎臓病を持っている場合には、甲状腺の治療は慎重に行う必要がありますので先生と治療方法についてよく話し合って治療されることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.

先生、お忙しいところ丁寧なご回答をありがとうございました。今日は母親が水と猫のスープをスポイトで与え、それ以外に元気な時から大好きなコーヒーに入れるクリーム(液体のもの)を持っていったら喜んでなめたそうです。しかしその後しばらくして水っぽいものを吐いてしまったそうです。


トイレはウンチのほうが出ない様子です。頑張っているのですがなにせ筋力もありませんしいきむのが一苦労で結局少しウンチ色の水滴くらいしかでませんでした。


 


胃のことですが、現在病院で行っている皮下点滴の中にガスターのようなものは入っているそうです。かかりつけの先生がおっしゃるにはもっと強い薬だと直接脳に働きかけるようなものになるとのことです。


これは今のようなほぼ吐いてしまう我が家の猫には有効だと思われますか。それとも副作用の心配があるのでしょうか。


 


今はとにかく吐くことが少しでもおさまればと願っております。


オゾンは注腸法です。血液とオゾンを混ぜるほうが効果が高いとは知りませんでした。アドバイス頂き感謝しております。


 


そして何度もいろいろ質問してしまいすみません。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

返答が遅れまして申し訳ございません。

吐き気としぶりがあるということですね。

症状としては大腸炎を伴う嘔吐なので、やはり消化器疾患を疑います。他の猫ちゃんが最近腎炎で高熱になったということから、確かにサルモネラなどの菌が移った可能性もあるかもしれません。しかしその場合は発熱するなどの症状も伴うと思います。もし感染症の可能性があるのであれば、点滴の時に抗生剤を打っていただくなどしてもよろしいかと思います。

またできれば腹部のエコー検査をして臓器の異常がないか見ることをお勧めしたいです。

脳に作用する吐き気止めはセレニア(薬剤名マロピタント)だと思います。この薬は確かに吐き気を抑えますが、原因を治療しているわけではないですから、吐き気の原因をおおよそでも見当をつけることが先だと思います。副作用というよりは病気の原因を隠す可能性があることと、病気を治療していることにはならないこともあるということです。試しに使用する分には問題無いと思います。

排便したそうにいきんでも便がでない状態をしぶりと言いますが、このしぶりは大腸炎(肛門近くの腸で主に便を貯めて置く役割をする腸の炎症)を意味します。吐いてしぶりがある場合、炎症は胃だけではないのでもう少し他にも異常が無いか調べることをお勧めしたいです。検便や腹部エコーが候補になると思います。

検査されてみて最終的に吐き気の原因が腎臓病から来ているのであれば、セレニアやガスターを使用することはよろしいかと思います。私の印象で申し訳ないですが、CREが3程度でそれほど吐き気がひどくでるのかな?と思います。

オゾンを血液と混ぜるクレンジング療法は採血した血をオゾンと混ぜてまたもとに戻す治療ですので、専用の器具が必要になります。かかりつけの先生がお出来になるかどうかは不明ですので、できない場合は無理に希望されないほうがよろしいかと思います。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問