JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15歳のメス猫、スコティッシュです。8/31肛門線で向かって右が破裂、獣医科にて青い薬を塗り、抗生物質の注射をしても

解決済みの質問:

15歳のメス猫、スコティッシュです。8/31肛門線で向かって右が破裂、獣医科にて青い薬を塗り、抗生物質の注射をしてもらいました。塗り薬をもらって通院3回でようやく直りかけたところ、9/9頃から嘔吐し始め、食欲がなくなり、少量の水を少し飲ん でいましたが、9/14、腰に力が入らず、よたよたと歩き、水も飲めなくなって寝てばかりいながら、時々嘔吐を繰り返したため、点滴と抗生物質注射をしてもらいました。症状は回復せず、9/16、今日また点滴と嘔吐止めの注射をしました。殆ど歩行できずぐったりで、何も食していません。9/17精密検査、血液検査をする予定です。あまりきつい治療はかわいそうで、そのままにしておこうとも思います。何の病気なのか、なおるのか不安でいます。アドバイスがあったらお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

おそらく肛門腺の破裂は今回の県と関係している可能性は低いでしょう。

そのお年の子で、嘔吐とぐったりという のはかなりいろいろな原因が考えられます。
腎不全糖尿病、貧血、腹腔内腫瘍などかなりいろいろあります。
病気によって、治るもの、完治はしないけれど点滴や薬で元気になるもの、治療がかなり難しいものさまざまありますが、まずは検査をしてみないとわかりません。

病気によって治療方法も、予後も、治療のきつさも変わってきますので、まずは検査をしてみて、しっかり病名と治療方法、その治療の予後などを聞いてどういった治療をするのかを先生と相談されることをお勧めします。
原因がわからずに不安に思っているだけでは何も解決しませんので、まずはいまどのような状況で治療でどうなっていくのかを把握してもらう必要があるでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問