JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

昨夜、飼い猫の肛門に血がついていました。最初は下痢の軟便が付着しているのかと思い、ティッシュで拭いたところ、便ではな

解決済みの質問:

昨夜、飼い猫の肛門に血がついていました。最初は下痢の軟便が付着しているのかと思い、ティッシュで拭いたところ、便ではなく血でした。色は薄めで濁ってはいませんでしたが、粘液が混ざったような部分もありました。
うちの猫は内外出入り自由で、トイレが外のため、排尿排便の状態が分かりません。
特に外傷などは見られませんし、元気がないという感じもしません。
どのように対処すればよろしいでしょうか?アドバイスをお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

猫ちゃんの肛門に血がついており粘液混じりだったということですね。

恐らくですが、それは大腸炎による出血のあとかあるいは肛門腺という肛門脇にある匂い袋の炎症によるもの、の可能性が高いと思います。

大腸は肛門近くの腸管で主に便を溜めておく腸管で、便が溜まったらまとめて排便します。その腸に炎症があると腸粘膜が剥がれて出血しゼリー状の粘膜が出ます。大腸炎の原因は体大腸菌などの感染、寄生虫疾患、ジアルジアなどの原虫によるものや、食事性、アレルギーなど様々です。そのためまずは検便をされることをお勧め致します。外で排便するので便は採れないという場合には病院を受診されて先生に採便していただければよろしいかと思います。便検査では必ず直接法と浮遊法はしてもらうことをお勧めします。

またその時に肛門腺も一緒にチェックしていただくとことができます。外に出るということであれば、感染症による大腸炎の可能性をまず疑って必要ならば駆虫薬や抗生剤による治療をされるとよろしいかと思います。

それでも治らない場合には8歳とやや高齢なので感染症以外の可能性(アレルギーの一種で炎症性腸疾患、腫瘍、ポリープなどを)を疑いレントゲンや血液検査、腹部エコーなどより詳しく検査されるとよいかと思います。

できれば室内にもトイレを置いていただき排便排尿の状態を確認できるようにされるとなおよろしいかと思います。食欲についてもよく観察していただき食欲低下や吐き気がないかみることと、もしそのような症状がある場合にはレントゲンや血液検査をされることをお勧め致します。

食事は消化のよいフード、あるいはドライフードのふやかしにして与えるとよいかもしれません。大腸炎の原因として古い食事、が原因の場合もありますので、食事は開封後1か月以内で使い切ることや、特に夏場など暑い日は一旦出した食事は半日以上は置かないことなど気をつけることも注意されるとよろしいかと思います。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問