JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5377
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

3歳の避妊済みメスが、3,4日姿が見えなくなり、餌も食べた様子がありませんでした。 探し回った結果床下でのうなり声

解決済みの質問:

3歳の避妊済みメスが、3,4日姿が見えなくなり、餌も食べた様子がありませんでした。
探し回った結果床下でのうなり声で見つけました。
下肢麻痺らしく、尿にぬれ便もしてあ りました。声もくぐもってうなるだけで、いつのもなき方をしません。
5月に別の猫をFIPで亡くしたばかり(ウエットタイプ、神経症状)なので、すぐにケージに入れ、朝を待っています。
もう一匹別の猫がいるので、よく様子をみられません。
無理に動くときは動きましたが、ウエットフードを食べない様子。
無理にでもミルクなり飲ませたり、体をきれいにしたりするべきか、隔離室を用意するのか混乱しています。
今、何かをすべきでしょうか?考えがまとまりませんので、アドバイスをお願いしたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
後ろ足が麻痺しているのはおそらく車と接触して事故で後ろ足が麻痺している
可能性が高いでしょう。

ですから骨折で背骨が折れていることも考えられます。

感染している訳ではないので隔離する必要はありません

脱水をふせぐために水分を与える事
また蒸したタオルで後ろ足をふき、ペットシーツを敷いてあげるとよいでしょう
質問者: 返答済み 4 年 前.

田舎の古い日本家屋で、夏中耳の疥癬疑いの皮膚疾患もありましたが、近くに寄らない猫なので、十分な治療もできませんでした。同居オスをストレスにも感じたと思います。それでも数日前までは俊敏に動いていました。


あまりにも突然に感じますが、事故にあう確率は極端に低い環境です。
コロナウィルスは同居猫にすぐに蔓延すると聞きます。


コロナキャリアーであるだろうと思います。


それが免疫低下によってFIP変異していないでしょうか?


麻痺の様子は骨折らしくはなく、どちらかというと全身的で、腰から下が酷いよう。口やのどが十分に動いていないように感じます。


消毒剤はビクタスSSがありますが、自分の装備ができません。


発見した床下は長年小動物が出入りし、死んだ動物もおり、かなり不潔だと考えられます。感染、発症の可能性を楽観視できません。


同居猫がエイズキャリアーでもありながら、メスを心配して付き添おうとします。万一のことを考えると、感染しているわけではないと、断言できる根拠をおうかがいしたいと思います。


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

田舎の古い日本家屋で、夏中耳の疥癬疑いの皮膚疾患もありましたが、近くに寄らない猫なので、十分な治療もできませんでした。同居オスをストレスにも感じたと思います。それでも数日前までは俊敏に動いていました。


あまりにも突然に感じますが、事故にあう確率は極端に低い環境です。
コロナウィルスは同居猫にすぐに蔓延すると聞きます。


コロナキャリアーであるだろうと思います。


それが免疫低下によってFIP変異していないでしょうか?


麻痺の様子は骨折らしくはなく、どちらかというと全身的で、腰から下が酷いよう。口やのどが十分に動いていないように感じます。


消毒剤はビクタスSSがありますが、自分の装備ができません。


発見した床下は長年小動物が出入りし、死んだ動物もおり、かなり不潔だと考えられます。感染、発症の可能性を楽観視できません。


同居猫がエイズキャリアーでもありながら、メスを心配して付き添おうとします。万一のことを考えると、感染しているわけではないと、断言できる根拠をおうかがいしたいと思います。


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

田舎の古い日本家屋で、夏中耳の疥癬疑いの皮膚疾患もありましたが、近くに寄らない猫なので、十分な治療もできませんでした。同居オスをストレスにも感じたと思います。それでも数日前までは俊敏に動いていました。


あまりにも突然に感じますが、事故にあう確率は極端に低い環境です。
コロナウィルスは同居猫にすぐに蔓延すると聞きます。


コロナキャリアーであるだろうと思います。


それが免疫低下によってFIP変異していないでしょうか?


麻痺の様子は骨折らしくはなく、どちらかというと全身的で、腰から下が酷いよう。口やのどが十分に動いていないように感じます。


消毒剤はビクタスSSがありますが、自分の装備ができません。


発見した床下は長年小動物が出入りし、死んだ動物もおり、かなり不潔だと考えられます。感染、発症の可能性を楽観視できません。


同居猫がエイズキャリアーでもありながら、メスを心配して付き添おうとします。万一のことを考えると、感染しているわけではないと、断言できる根拠をおうかがいしたいと思います。


 


 

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
眼が見えていない、顔や耳を触っても反応が左右で違う、鼻や口をつねっても
反応が無いなどはありますか?

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
情報が来ないので、分かる範囲でお答えします

FIPで脳炎になると四肢の麻痺やふらつき、意識障害が少しづつ出てきます

というのは脳炎から水頭症になり神経症や発作を起こす事がほとんどです

その事からも脳炎や水頭症で生じたというよりもたとえばてんかん発作を起こした
ことで障害が出た、若くても時折ある脳梗塞を起こしたなどの方が可能性としては高い
と経験からは思います

wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問