JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

17歳のアメリカンショートヘア、避妊手術済です。肝臓の腫瘍がレントゲンで見た時には、胃や肺を圧迫しているほど大きくな

解決済みの質問:

17歳のアメリカンショートヘア、避妊手術済です。肝臓の腫瘍がレントゲンで見た時には、胃や肺を圧迫しているほど大きくなっていました。
その後もどんどんお腹の膨らみが大きくなり、それでも食欲は結構ありました。
食欲もあるし、腎臓の数値が多少悪いくらいなので、手術が可能なら、
したいとも思いましたが、高齢だし、難しい手術なのでと断られました。

でも、限界が近づいてきたのか、もう呼吸が鼓動のように、体が上下するほどに、
早く大きくなってつらそうです。
ここ1週間は、食べたがるので、重いお腹で後ろ足を滑らせながらも、
台所に何かもらいにきます。
ドライフードは、全く食べれなくなったよ うです。
ここ数日は、缶詰も、汁を舐めるのがほとんどで、身の部分はわずかしか
食べれないようです。
ちょっと歩くと、息が荒くなるほどなのに、自分で、水を飲みにも行きますが、
お皿も飲みやすい浅いものに変えたり、高さを調整してあげてますが、
苦しいせいか、なかなかうまくは、飲めないようです。

今日は、もう水を飲んだあとに、ハッハッ聞こえるくらいの早い呼吸になり、
一声つらそうに鳴いて、もうダメかと思いました。
こんな状態だと、後数日、もたないんじゃないかとも心配です。
癌よりも、お腹の異常なほどの膨らみのせいで、苦しく呼吸困難で
死んでしまうことはあるんでしょうか。

どうせそれで、死んでしまうなら、手術の途中で息を引き取る可能性があったとしても、
こんなに苦しい毎日を送っているのを見ると、手術を受けさせたいと思います。
でも、大きくなった肝臓の腫瘍の手術は、不可能なものなんでしょうか。

良性か、悪性かもわかっていません。

今は、落ち着いてなんとか寝ているようですが、あまりぐっすりは寝られないようで、
ちょくちょく起きてしまいます。
また、あんなにハッハと呼吸が苦しくなって、うめき声を出すようなら、
手術が無理なら、安楽死で静かに眠らせてあげることも考えています。

ただ、こんな状態なのに、まだ自力で水を飲みに行ったり、
缶詰の汁を欲しがったりもするのを見ていると、
この子は、まだ、頑張りたいのか、生きようとしている子を、
安楽死させることになってしまうのかと、悩んでしまいます。

このままでは、後数日だと思います。
どうしたらいいのか、何かアドバイス頂けると嬉しいです。
よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

それはかなり大変な状況ですね。
確かに飼い主さんの言うとおり、あと数日で亡くなってしまう可能性は十分あるのではないかと思 います。
実際に診ていないので確実なことは言えませんが、その状態であれば麻酔をかけた段階で亡くなってしまう可能性は高く、たとえ手術まで行けたとしてももうどうしようもない可能性は高いです(肝臓すべてを撮ることは不可能ですし、あまりに大きな腫瘍であれば切除するときに出血がコントロールできません)。
ですので、どこの病院でも手術をするということはしてもらえない可能性は高いのではないかと思います。

もし現在、腹水がたまっている場合はおなかに針を刺して抜いてあげると多少楽になるかもしれませんし、ステロイド剤を使うことで、多少痛みや腫瘍の腫れなどがましになり一時的に楽になる可能性もあります。
レーザー治療はおそらく意味はないと思います。

積極的な治療は難しいので、適応であれば、上にあげたようなことをやってもらうか、やはりあまり辛そうであれば安楽死も考える必要があるかもしれません。
ただし、安楽死の判断基準は基本的に飼い主さんしだいの部分が多く、辛そうでもご飯を食べる気力があるのであれば、頑張ってほしいという方もおられますので、獣医師の判断というよりは飼い主さんが希望されるのであればするということになると思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問