JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

初めて質問します。 猫、メス12歳です。 インスリン治療を1年半続けて、現在ケトアシドーシスを起こし入院4日

解決済みの質問:

初めて質問します。

猫、メス12歳です。
インスリン治療を1年半続けて、現在ケトアシドーシスを起こし入院4日目です。
状態は悪くなる方法で、グルコース361. BUN88.7 クレアチン4.2 A LT328まで上がってしまいました。
黄疸指数も30です。
現在の治療は生理食塩水を点滴して強制給餌でインスリンを投与しているようです。
症状が改善されなく、昨夜も峠かもしれないと言われていますが、まだ目に力もあり今ならなんとかなりそうな気がしてなりません。
多臓器不全の症状ですが、これ以外の治療方法などがあれば是非教えて頂きたいです。
どうかよろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。

実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

強制給餌でインスリンということですが、おそらく注射をうっているのであって、お口からではないと思います。

インスリンもいろいろなものがありますが、おそらく静脈への投与だと思います。そうではなくて、皮下注射ということなら、静脈から投与できるインスリンを使うべきでしょう。

腎臓の値も悪いので、輸液をしっかりしてあげる必要があります。点滴とありますが、もし皮下点滴ならば、静脈点滴にすべきでしょう。

それらのことをしっかりしていけば、なんとかなるかもしれません。

現場の主治医がしっかり治療してくれているはずですので、信頼して、お任せするのがよろしいかと思いますが、忙しそうで質問しているお時間がなく、ここにこられたのかもしれませんね。

ほかに、ご質問がございましたら、再投稿してください。しかし、実際の患者さんを診察せずに、その患者さんのことを語るのは難しいことをご了承ください。

なんとか危機を脱してくれることをお祈り申し上げます。

 

 

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

先生、早速のお返事ありがとうございます


 


強制給餌の意味は、食事の事です。


食欲がなく食べない為、インスリン投与が出来ないので、口から強制でドロドロのご飯を食べさせて、低血糖にならないようにしているようです。


 


インスリンが静脈からかどうかは確認しませんでしたので、午後からまた面会に行きますので聞いてきます。


点滴も手に固定されている状態でした。


生理食塩水の点滴も皮下が静脈へか不明なので合わせて確認してきます。


 


入院時のグルコースは436


今日8/2は361です。


 


黄疸も出ていますので後数日、状況が変わらなければ最期は自宅へ連れて帰っても・・とまで言われて私自身パニックになっています。


誤字脱字がありましたらご容赦下さい。


 


yasuyuki先生の「なんとかなるかもしれない」の言葉が救いです。


 


また午後の状況を持って質問させて頂きます。


よろしくお願いいたします。


 


 

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
そうですね。
またわからないことがありましたら、返信してください。
yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問