JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

15才オス猫。レベミルを2ユニット×2を2週間うちましたが、血糖値は下がりません。500代をキープしたままです。9時

解決済みの質問:

15才オス猫。レベミルを2ユニット×2を2週間うちましたが、血糖値は下がりません。500代をキープしたままです。9時に打ち18時調査。レベミルのまえにノボテルを一本うちましたが効果はありませんでした。レベミルも効かないと考えられるでしょうか。獣医師の指示どうりにしてますが、血糖が下がらない理由などお教え下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

15歳の猫ちゃんで糖尿病ということですね。以前ノボテルを使用して今回レベミルを使用ということですね。

インスリンの効き目が悪い場合、可能性としては基礎疾患がありインスリンの効きが悪い場合、インスリンの量が足りていない場合が考えられます。

効き目が落ちる病気として、歯石など口腔内疾患、甲状腺機能亢進症、膀胱炎などが考えらえます。特に糖尿病の場合易感染性なので細菌性膀胱炎になっていないか定期的に尿検査されることは重要です。

できれば猫ちゃんを一度病院で診察していただき、尿検査や血液検査などしてインスリンの効き目が悪くなる病気が隠れていないか調べることをお勧め致します。

その結果病気があればインスリンの量は今まで通りで、まずその治療をすることです。

検査の結果明らかな異常が認められない場合、インスリンの量が足りていない可能性がありますので、日帰り入院で結構ですので血糖値曲線を病院に猫ちゃんをあずけて書くようにすることをお勧め致します。そして適量をいうものを見つけてあげて下さい。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございました。当然のことながら獣医師さんにはかかっており4日も入院して血糖値曲線も3日分とっております。それでも下がらないので質問させていただきました。昨年、7、8、9、月はノボテルで血糖値も160までさがり半年間もちました。この4がつに再発、ノボテル一本うちましたが全く効かず質問させて頂いた次第です。インスリンの抗体ができることもあるのかそのあたりを知りたいと思いました。膵炎もないとのことです。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

猫ちゃんは血糖値曲線を3日分とられているということですね。

また膵炎、甲状腺機能亢進症、膀胱炎などの併発疾患も異常なしということですね。

猫ちゃんの血糖値曲線は連続入院で調べるとストレスのために正確な血糖値の変動が調べられませんので、3日分ということは期間をあけて3回取られたということでよろしいでしょうか。

その場合インスリンを投与して2時間ごとの血糖値を測定したときにずっと500以上で下がらないということでよろしいでしょうか。

2種類のインスリンを使用されて血糖値がずっと500以上で下がらない場合、インスリンに対する何らかの抵抗性ができてる可能性はあるかと思います。

しかしまだランタスを使用されておられない場合には一度ランタスを使用されることをお勧め致します。ランタスは猫の場合レベミルよりも実績があり、安定して効くことが多いとされております。

また猫の場合食事療法が血糖値のコントロールには非常に重要です。すでに食事を血糖値コントロール用にされている場合はそのままでよろしいですが、そうでない場合には糖コントロールやm/dなどを使用されることをお勧め致します。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問