JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

最近、家の雌猫が食事をとるたびに飲み込みに違和感があるのか、唸ります。食欲も若干減ったように見えます。喉の左側にしこ

質問者の質問

最近、家の雌猫が食事をとるたびに飲み込みに違和感があるのか、唸ります。食欲も若干減ったように見えます。喉の左側にしこりらしきものを確認。飲み込み時に痛みがあるのか、ちょっとした猫缶の食事も半分以上残しています。考えられる病名はなんでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

喉の左側にしこりがあるとするのであれば、しこりはリンパ節、甲状腺、唾液腺、皮膚自体が腫れているかのいずれか になると思います。

1.リンパ節
 リンパ節の腫脹は腫瘍性と炎症性のどちらかになります。
 腫瘍性のものはリンパ腫あるいは口や顔にできる腫瘍の転移になりますが、リンパ節はよほど大きくならない限り、腫れていても飲み込みにくいということはないです。
 炎症性では口内炎や歯周病などによって首のリンパ節が腫れてきます。その場合は、リンパ節というよりは口の中の痛みで飲み込むときに唸るということは考えられます。

2.甲状腺
 甲状腺機能亢進症の子の一部では首のあたりにある甲状腺が腫れてくることがあります。
 甲状腺機能亢進症ではイライラしてくる子が多いので、食事の時に限りませんが、唸る頻度が増えてくることがあります。食欲は増える子と減る子がいます。
 ほかに異常に体重が減ってきたとか、毛艶が悪くなったという場合には子の可能性が高いです。

3.唾液腺
 唾液腺炎と唾液腺腫があります。炎症では痛みが出ることがありますが、唾液腺腫(腫瘍)ではあまり痛みが出ることは少ないです。

4.その部位に皮膚の腫瘍や膿瘍(膿がたまるもの)ができることがあります。
多少痛みが出る可能性はありますが、あまり飲み込むときにいたくなるということはないでしょう。


猫ちゃんでは口内炎が多く、その場合に食べる時に痛がる子は多いので、一番可能性の高いものは口内炎からのリンパ節の腫れかと思います。
ただし、実際に診察して検査しないとわかりませんので、早めに病院で診てもらった方がいいでしょう。
 
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございました。元々、口臭が酷く歯周病があるとは思っていたもので、歯周病からも発病するものがあるとは知りませんでした。実際、病院に行って受診してみます。物言えぬ動物なので、飼い主の気付きでしか早期発見出来ないので、これからもご相談の際には、宜しくお願い致します。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
プラス評価ありがとうございます。

歯周病であればお薬でよくなってくれることが多いです。
お大事にどうぞ。

また何かあればご質問ください。

猫 についての関連する質問