JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

昨年度7月半ば頃より多飲多尿にきずき病院に。血糖値560をきろくしました。インスリン1ユニットを1週間、効果がないの

解決済みの質問:

昨年度7月半ば頃より多飲多尿にきずき病院に。血糖値560をきろくしました。インスリン1ユニットを1週間、効果がないので、2ユニット、最終的には3ユニット×2を3週間、その間できるだけ尿の糖を調べうるだけ調べ、その都度ユニットを変え、低血糖、に は一度も陥ることなく血糖値170にまで下がりました。この期間約3ヶ月、10月には尿の数値は何時計ってもマイナス、ノボテルをほぼ一本使いました。10月にはもうインスリンはいらないかのように、それまでおとなしくうたせていたのに、身体を動かし反抗しました。2週間ごとに血糖値を計っておりましtが、インスリンのお陰で行く毎に400~300~200と下がって行き有難く思いました。それからやく6ヶ月たち4月よりまた多飲多尿がはじまりました。当方も手術とかでみることができず、6月やっと病院に。また550をこえていました。尿糖は勿論プラス3の最高値です。前の記録を頼りに、インスリンを打ちはじめましたが、今回は一本使っても数値は変わらず、560とむしろあがっております。2週間のトータル平均値も36から44(<16)にあがっております。

質問、ノボりンN注は2回目は効かない事もあるのでしょうか。自分の反省として注射液をあんまり振りすぎたかなとおもっているのですが。それは関係あるのでしょうか。年齢は15歳です。
それと今後他のインスリンにかえても素人でできる範囲の看護で治せますでしょうか。精々、尿の血糖値をはかるぐらいのことしかできません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

ノボリンNの混和は強く振らずに転倒混和してくださいとは言っていますが、強く降って効果がどの程度落ちてしまうかはわかりません。
可能性としてはそのせいで危機が悪くなるということは考えられるとは思います。

それから猫ちゃんの糖尿病というのはずっと同じ量を打っていて安定するというわけではありません。
特に、飼い主さんが不在の時間が長かったりしてストレスを感じるこの場合は、ストレス要因 でインスリン抵抗性が増加してインスリンの効きが悪くなることがあります。
また、膀胱炎など痛みを起こす病気により、ストレスを起こしてインスリンの効きが悪くなることもあります。
ノボリンNに耐性ができてしまうというよりも、ストレス物質によりインスリン自体の効きが悪くなるということはよくあることです。

ですので、今考えられる方法としては、
1.膀胱炎など痛みを起こす病気がないか全身的なチェックをしてもらい、それらがある場合はそちらの治療を同時にしていく
2.ノボリンNの容量を少し増やして尿糖をチェックしていく
3.猫ちゃんではノボリンよりもランタスやレベミルといった長時間作用型のインスリンが合う場合が多いです。先生によって好みはありますが、そちらに変更して見て行ってもらう。

ということになると思います。
容量を増やしたり、インスリンの種類を変える場合、一番怖いのは低血糖です。
病院にあまりいけない場合は、しばらくは毎日尿糖を図る必要はあると思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問