JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

よろしくお願いいたします。本当にどうすればよいか頭が真っ白で混乱しています。  愛猫が直腸腺癌と組織検査で診断

解決済みの質問:

よろしくお願いいたします。本当にどうすればよいか頭が真っ白で混乱しています。

 愛猫が直腸腺癌と組織検査で診断されました。詳しい説明はまだ担当医師から聞いてはいないのですが、全身に転移している可能性は高く、腹水も溜まっています。
 今年の2月から水下痢と出血があ り、3月からステロイドを飲ませて様子を見ていました。血液検査、肝臓細胞組織検査、エコー検査を行いましたが、特段悪い数値はなく、エコーでは若干肝臓の表面が荒れているとのことでした。しかし、確定する原因がわからず、バリウム検査を行ったところ大腸の中間あたりが詰まっていて、バリウムを注入する管を入れたところ偶然、組織がとれて今回病理検査に至った次第です。
 これからの治療において、1番に私が希望していることは本人(猫?)に痛みとストレスを与えたくないということです。とにかく、病院嫌いで脱糞するほどストレスフルとなっていて、検査をおこなったこともやっと頑張ってくれました。
 しかし、このまま薬だけでは、いずれはウンチが出なくなってしまい。食欲もますます落ち全く食べなくなってしまうのではと心配しています。

 長文で申し訳ございませんが、良きアドバイスをお願いいたします。

                                                   東京都在住
                                                       緒方
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

猫ちゃんでは確かに病院嫌いの子も少なくなく、入院がかなりストレスになることも多いです。
ただし、痛みもストレスもなく治療するということは極めて困難です(今回の場合はおそらく不可能でしょう)。
直腸腺癌の場合は特にお薬が効くわけでもないので、基本的には手術をして治療するということになりますが、今回はすでに腹水がたまってしまっているということから癌性の腹膜炎を発症している可能性は高いと思います。
その場合、手術をしても完治の可能性は極めて低く、便が通らなくな るのを防ぐのが目的の手術になるでしょうが、今できる治療というのはそれくらいになるのではないかと思います。

ただし、お話しを聞く限り、入院や手術はストレスになりますし、飼い主さんがそれを望まないのであればやはり薬での治療になるかと思います。
薬の場合はさらにできることは限られており、ステロイドで腫瘍からの炎症を抑えて腹膜炎や腸の腫れをできるだけ抑えることで、腸閉塞を起こさないようにするということになるでしょう。
あまり痛みが強い場合は鎮痛薬を使うこともあります。
便が出にくくなる場合は、ラクツロースなどの便を軟らかくするお薬を使うこともあります。

実際に診たわけではないので確実なことは言えませんが、通常、腫瘍があって腹水が出ているという状況ではすでに末期に分類されます。
苦痛もストレスもなく、便が詰まってしまうことを防ぐというのは不可能でしょう。
どちらを撮るのかは飼い主さん次第ですが、猫ちゃんの性格と今の状況を考えた場合、完治がほぼ不可能な状況と思いますので、確かにストレスがかかる入院などが必要な治療はあまりお勧めできないのではないかと思います。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問