JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 207
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

7ヶ月前に拾った猫(当時推定3ヶ月ぐらい?現在3.5キロ)拾った当時から片側眼球が壊死しており、反対の眼もしゅん膜が

質問者の質問

7ヶ月前に拾った猫(当時推定3ヶ月ぐらい?現在3.5キロ)拾った当時から片側眼球が壊死しており、反対の眼もし ゅん膜が半分かぶさったまま(半分見える眼球もにごりあり、視野が狭い様子)。点眼治療していましたがこれ以上良くならず。そして最近、しきりに痒がるようになり、耳の先が外側に反り返り、真っ赤になりました。掻き過ぎたからかと思っていましたが、今日「猫再発性多軟骨炎」と診断されました。自己免疫疾患なので対症療法しかないようですが、①上記疾患の主な症状を教えて下さい。痒がるのも、この疾患の病態なのでしょうか?ちなみに、耳ダニ(-)、猫白血病(+)です。②今後、気を付ける事は何でしょうか?③また、猫白血病は高確率で発症してしまうものなのでしょうか?寿命も短いのでしょうか?よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 

猫 についての関連する質問