JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

糖尿病の猫がぐったりしています。 現在、16歳7か月、ソマリオス、体重先月3.7KG 毎日2回インシュリン注射を

解決済みの質問:

糖尿病の猫がぐったりしています。
現在、 16歳7か月、ソマリオス、体重先月3.7KG
毎日2回インシュリン注射を打っています。
下痢と失禁をした後(下痢は毎日失禁も初めてではありません)、おとなしく寝ていたのですが、30分ぐらい前に苦しそうに大声で鳴いてからぐったりしています。2年ほど前に低血糖で意識がなくなった時と似ているので、先ほどシリンジで砂糖水を飲ませました。現在、少しだけ頭を動かすなど反応が戻って来ました。苦しそうに鳴いたのは、1回だけです。どうしたら良いでしょう。明日掛かり付けの獣医さんがお休みです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

16歳7か月の糖尿病の猫ちゃんが具合が悪そうだということですね。

低血糖の可能性は確かにあると思います。低血糖は命に関わりますが、高血糖では命に関わりませんので、そのまま定期的に砂糖水を与えてあげることをお勧め致します。

意識が落ちているときに飲ませると誤嚥する可能性がございますので、ぺろぺろ舐めさせるように根気強く与えてあげて下さい。

救急病院に行ける場合には連れて行かれることをお勧め致します。

無理な場合は砂糖水を少しずつ舐めさせてあげて下さい。明日はまず9時ごろかかりつけ病院に電話して主治医の先生に連絡がとれるかどうか試されることをお勧め致します。

もし連絡が取れない場合には他の病院でもよろしいので受診されて、血糖値を測定してみてください。その状況によってはインスリンの注射を一旦中止されてもよろしいかと思います。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問