JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

初めてメールさせて頂きます。 我が家の猫(3歳、オス、去勢済み、室内飼い、5.4kg)ですが、1週間前あたりからび

解決済みの質問:

初めてメールさせて頂きます。
我が家の猫(3歳、オス、去勢済み、室内飼い、5.4kg)ですが、1週間前あたりからびっこひく様になりました。多分、左前脚だと思います。
先週の木曜に獣医さんに連れて行ったのですが、その日は病院に怯えていたのか先生が 触診しても何事もなく、病院で緊張したため痛みがなくなったのでしょうとの事でした。
緊張で痛みがなくなるような症状であればたいした事ないでしょうと言われ、鎮痛剤の注射とお薬を貰いその日は痛みもひいたのか、多少元気を取り戻したようでした。
しかし、2,3日前からまたびっこをひき、こんどは後ろ足も痛がってる様な感じです。
食欲はあるようですが、以前の様に元気がなく1日中寝ています。
何か重大な病気なのでしょうか?
それとも、最近我が家にやって来た新参者の子猫によるストレスとかでしょうか?

どうか、よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

3歳の雄猫ちゃん室内飼育が、ハコウをしているということですね。

可能性として考えられるのは多発性関節炎、多発性筋炎、血栓症(心筋症が原因)

多発性関節炎はよくスコティッシュホールドでみられることがあります。ひどくなりますとレントゲンにて明らかに手や肘、足の関節部分の炎症像が見られます。常に痛いので急に怒りっぽくなったり、ジャンプできない、動かないなどの症状がでます。

あるいは手をぷるぷる振るしぐさをする場合もございます。レントゲンで分からない場合には関節液を抜いて調べることもあります。

多発性筋炎は猫では少ないと思いますが、同じように体のあちこちを痛がる症状がでます。炎症を抑えるためにステロイドの投与で症状がおさまることが多いです。

血栓症は血管に血栓が詰まる病気です。猫の心筋症による心臓病が原因となって心臓内で血液の鬱滞により血栓ができ、その血栓が心臓からでて動脈に詰まることで痛みや麻痺が血栓のできた足先の冷感などが症状としてでます。

鎮痛剤では病気を治療していることにはなりませんので、病状が進行していることですからこの際しっかり検査されることをお勧めしいたします。

レントゲン検査、血液検査ではASTとCPKを測定項目に入れて下さい。心臓のエコー検査も必要ならばされることをお勧め致します。いきなり全部やるのではなく、順番に検査されるのもよろしいかと思います。猫ちゃんの具合を見ながら主治医の先生と相談して検査治療をしてあげてください。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問