JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5375
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

飼い猫(雑種・1歳くらい・オス・去勢済み)について相談です。 普段は夫婦+猫1匹で生活しています。 GWで1週間

解決済みの質問:

飼い猫(雑種・1歳くらい・オス・去勢済み)について相談です。
普段は夫婦+猫1匹で生活しています。
GWで1 週間ほど、猫と一緒に実家に帰省しました。
片道、車で4時間ほどの距離です。
帰省先には猫が5匹います。
猫が帰省するのは2回目で、前回(お正月)も1週間ほど過ごしましたが、何の問題もなく、楽しく実家の猫と過ごしていました。
今回は4日目くらいから元気がなくなり、机の下に隠れたり、隅っこにしゃがんだりしていました。
帰省する日にあまりに元気がないので、帰省先の動物病院で診察してもらいましたが、ストレス+風邪ぎみの症状で、普段の生活に戻れば、体調も良くなるでしょう、とのことでした。
そのまま連れて帰り、いつもの家に戻って、今日で三日目です。
戻ってきた日、普段は入らない箱の中でうずくまったり、やはり部屋の隅っこで小さくなっていて、近づくと、普段の鳴き声ではない、悲鳴のような、声にならないような声を出しました。抱っこしようとすると、体を強ばらせ、一度そのような状態になると、近づくだけでも、体を強ばらせました。
翌日、歩くのが異常にゆっくりで、一歩一歩、確かめるように足を出し、数歩動くと、何とも言えない声を出し、へたり込んで、おしりが地面に着く状態になります。
すぐに動物病院に行きました。
レントゲンと血液検査をおこない、どちらも、特に異常はありませんでした。
エサは口元まで持っていくと、食べます。水も、口元まで持っていくと飲みます。
おしっことうんちも、一日一回、ふつうです。
そして今日、あらためて診察を受けました。(昨日、時間外で見てもらったのと同じ病院)
先生は、腰の骨の間隔の一つが、狭くなっているから、これが原因かもしれないし、ひょっとしたら、血栓かもしれないとのことで、血が固まらなくなる薬を飲んで、点滴と痛み止めの注射をしました。
どこかに外傷があるという訳でも無さそう、とのこと。上半身より下半身を触ると、上記のようにギュッと体に力を入れて強ばったり、いつもと違う声で鳴きます。先生は、これは痛みがあるときの鳴き声、とのこと。50代の先生ですが、このような猫の症状にはあまり出会ったことが無い、と言ってました。
家ではずっと寝ています。(普段は飛び回っています)
たまに起きて、のっそり歩いて、30センチほどの高さのソファーに前足をかけて、乗りたそうにしますが、乗りません。抱っこしてそのソファに乗せると、そのまま寝ています。起きて、そのソファーから下にゆっくり降りましたが、特に声も出しませんでした。
トイレには自分で歩いていきますが、数歩歩くと、やはり、悲鳴というか、声にならないような、ウギャーみたいな声で、お尻を地面につけます。その状態になると、しばらく、体を強ばらせたりします。
トイレの時間は、いつもより長かったと思います。トイレが終わってからも、ゆっくりゆっくり、寝る場所に戻ろうと歩きますが、途中でやはり、ウギャみたいな声で座り込みます。そしてしばらくその場で体を強ばらせたりして、寝ている場所に戻ります。
これはどのような病気が考えられますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。
レントゲンで腰のどのあたりの骨に異常がありましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

こんばんは。


すみません、指摘されたのは、腰に近い背骨のことで、他の背骨に比べて、骨と骨の間隔が狭く、そこがおかしいといえばおかしいと言われました。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
返答ありがとうこざいました。
レントゲンだけでは判断できませんが、経験上そのようなレントゲン所見が見られるときは、ヘルニアなどの神経疾患かあることが多いです。しかし、特定するためにはMRIなどの高度な検査が必要となります。
かかりつけの先生がおっしゃられているように血栓がある可能性も高いと思いま す。
私はできれば、大きな病院を紹介してもらい、高度な検査をしてもらったほうがよいかと思います。
特に血栓があると、あちこちに今後できる可能性もあり、命に関わることもあります。
痛み止めなどで症状を和らげるより、ヘルニアなどであれば、手術で治る可能性もありますし、早めに検査してもらったほうがよいかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございます。


ヘルニアについてですが、突然、ヘルニアになるものですか?


実家に帰省するまでは、すこぶる元気だったので。


ヘルニアの原因には、どのようなものが考えられますか?

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
ヘルニアは突然起こりますよ。
原因としては、肥満体型の子はなりやすいですが、飛んだり跳ねたりする子もなりやすいです。
しかし、人間のぎっくり腰のようにある拍子に突然なることが多いですね。
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
猫のヘルニアはそんなに特殊な病気ですか?
かかりつけの先生が、このような猫の症状はあまり見たことが無い、と言っていたので。
ヘルニアの可能性があれば、かかりつけの先生が指摘するのではないか、と思いまして。
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問有難うございます

実は猫の椎間板ヘルニアは非常に稀です

経験では年間に数百頭の犬猫のMRI検査を
して2、3頭見つかると多いくらいでした。

ですから一般の先生ではMRI検査もしたことも
手術もしたことがないと病気の原因と
なる可能性についてはわかりません

椎間板ヘルニアなどの神経疾患は専門の先生以外には診断が難しいので
改善が無いなら早めに大学などの大きな病院で検査を受ける
べきです
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございます。


ヘルニア、血栓以外に何か考えられる病気はありますか?


 

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
それ以外には椎間板脊椎炎や脊髄炎などが考えられます。

心臓病が無い限り、その年齢で血栓症が出来ることは可能性としては少ないでしょう。
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5375
経験: 小動物臨床10年
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中