JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

推定4~5歳のオス猫の家出について相談です。 山形県にある標高1000mほどのスキー場のそばに住んでいます。年のう

解決済みの質問:

推定4~5歳のオス猫の家出について相談です。
山形県にある標高1000mほどのスキー場のそばに住んでいます。年のうち半分は雪があり、現在もやや雪が残っています。10件ほどの集落で、飼い犬がいる家はありますが、猫はいません。

平成22年の6月に突然5~6匹の捨て猫があり、その中の1匹が怪我をしてお腹を空かせて我が家に助けを求めてきたので保護し、獣医さんからは2歳くらいだろうといわれました。徐々に慣れて外と家を自由に行き来して夜は私の部屋で一緒に寝る生活でした。

昨年の11月、突然家出して3日半たって自力で戻りました。その1ヶ月後の12月19日に再度家出し、捜索を続けて1月28日に山から下ったところの約10キロ離れたお宅の納屋で3匹の先住猫にまぎれているのを見つけました 。下痢がひどかったので、獣医さんを受診、点滴と投薬を受けました。

家猫にしなければと散歩にも同行し、できるだけ家から出さないようにしましたが、
2月28日再度家出。翌日には同じ10キロ先の納屋に行っていました。
自由に外出できないストレスから心因性ストレスで腹部全体の毛をつくろって脱毛状態になってしまいました。
そして3回目、またまた3月18日家出しその日の夜には同じ納屋へ到着し、翌日引取りに行きました。

1匹が寂しいのかと3月16日に里親募集の避妊済み雌猫6ヶ月を飼い、少しずつ慣らして、ようやく近くにいても平気になりました。腹部の毛も徐々に生えてきて落ち着いてきたかのように思われました。

ところが昨夜12時ころに出たいというので出したところ、また戻らなくなりました。近くの民家までは5キロも離れていますし、近所にいる様子もなく、いつもな納屋にはまだ到着していないようです。

3年近く自由に生活しながら行方不明にもならなかった猫が、昨年から急に変化して家出を繰り返すので心配でたまりません。今回も見つかるかどうかわかりませんが、どんなに愛情を注いでも無駄な結果に困っています。猫がそんな遠くまで意思をもってでていってしまうので、自信もなくなり悲しいばかりです。
どこにも出さないことが猫の幸せだと充分理解していますが、保護した時にネズミを捕まえて生きていたくらいに野生が強い猫で、家猫化も失敗してどうしたらよいかもわかりません。まずが今回も無事に見つけてあげることが先決ですが、今後の飼い方でよい方法がないかアドバイスいただければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

4-5歳の猫ちゃんがよく外にでて帰ってこないことがあるということですね。

まず外は猫にとって非常に楽しい場所らしいです。従って外猫ちゃんを家で完全室内飼育にすることはどこの飼い主様も悩みどころです。

ちょっとした隙を見つけて外に出てしまします。今回ご相談の猫ちゃんも今後完全室内飼育にすることは困難かと思います。

問題を解決する決定的な方法はないと思いますが、その上で方法の1つは猫にとって飼い主様の家で居心地の良い場所を作ってあげることだと思います。

もともと外猫ちゃんだったのですから、ご自宅の外玄関などでも結構ですので、猫ちゃんの専用の小屋を作ってあげてそこで生活させてあげてはいかがでしょうか。

外での生活を許してあげて、食事なども外に置いておいてあげるなど。その代りにノミやダニの駆除やワクチンはしっかりしてあげる。という方法です。

その猫ちゃんは家に閉じ込められて楽しくないので、外に出て帰ってこないということですので、飼い主様と猫ちゃんとどの辺りで妥協できるのか、お互いにストレスのない一緒に生活できる距離を見極めるということが大切ではないでしょうか。

猫ちゃんは外にでて楽しい生活ができますが、外は当然事故やケンカによる怪我など危険があります。寄生虫感染のリスクも高くなります。誰にとっての幸せなど見方によってはいろいろですので、その猫ちゃんと今後楽しく生活するために、猫ちゃんが楽しく生活するためにどうするかを考えるとおのずと答えが出てくると思います。

これは病気の問題ではなく、猫ちゃんの本能的な生活様式の問題ですので、どれが正解とは言えないと思います。他にもかかりつけ医の先生と相談もされておられると思いますが、

猫ちゃん本位の生活をさせてあげる方法の一つとしてご検討いただければと思います。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問