JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

宜しくお願いいたします。 今月5日に、自宅庭で、目ヤニ、鼻水で、じっとして弱った、グレーのメス野良猫(成猫、なつこいので飼い猫だった可能性あり)を保護、動物病院に連れていきま

解決済みの質問:

宜しくお願いいたします。

今月5日に、自宅庭で、目ヤニ、鼻水で、じっとして弱った、グレーのメス野良猫(成猫、なつこいので飼い猫だった可能性あり)を保護、動物病院に連れていきました。野良猫ということで、今後飼うことができるのかと、聞かれました。
普通の血液検査で、白血球数は4600とTBIL0.9 GPT/ALT429以外は基準値で、体の状態からは、思ったより良い結果だということでした。エイズ、白血病の検査も陰性でした。飢餓状態、猫ウイルス性鼻気管炎、脱水症状が酷く、のどの炎症、鼻詰りで、点滴治療でビタミン剤、猫缶をゆるくした流動食を注射器であたえることになりました。一回目の点滴2~3時間後には、猫缶1/6位をお皿から食べ、翌朝も半分位を食べ、元気になったと思いましたが、以降は食べなくなり、注射器であげ始めましたが、上手くあげられなかったようで、9日朝、気管に入ってしまい、一時息が苦しくなり、ぐったりしてしまいましたが、少 しずつ落ち着き、息も普通になったように見えましたが、病院で誤燕性肺炎になっていて、これは亡くなる確率も高く、どうしようもないと言われました。流動食もあげないほうが良いと、点滴治療だけに。8日から、おしっこも寝たまま寝床にするようになり、誤燕以降は、回数が増え、10日5~6回、今日も既に5~6回寝床のタオルを取り換えています。ずっとぐったりと寝ていて、時々頭を上げたり寝返りを打ったりするくらいです。足はフラフラしていて、かなり弱っています。病院から帰宅後、硬直したように横になっていたので、昨夜で危ないのでは?と諦めましたが、夜中から少し動くようになり、まだ、生きる力があるのでは?と思い、出来る治療があれば、お教え頂きたいと思い質問させていただきました。
今日は病院が休日で点滴ができないので脱水症状が酷くなるのが心配です。
宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

できる治療しては
①自宅で皮下補液、あるいは動かないので静 脈留置を設置してもらって
 自宅で点滴をする。点滴機械と使わなくても意外と出来ます。
 
②酸素吸入
 酸素発生装置というのが800-1000円/日でレンタルできます。
 肺の疾患で苦しいので酸素吸入すると良いでしょう。
 お住まいの地域 酸素発生装置 レンタル 猫で検索してください
質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございました。


 


自宅で点滴をする場合の費用と、静脈留置を教えてください。


点滴をして、腎不全が改善、ご飯を自力で食べられ、元気になる可能性はありますか?

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
自宅で点滴する事はどの病院でもさせてくれるわけではありませんので
その点を留意してください。

おそらく費用は皮下点滴で液や注射針、注射シリンジなどを1週間分用意すると
5-7千円前後だとおもいます。

これは病院によって値段が異なっていたり、使用する薬剤によっても変わってきます

のであくまでご参考までに

点滴をして1日位で普通の姿勢で寝られるようになるなら改善する可能性があるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.



 

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
返信に何もかかれていませんのでもう一度書き込みをお願いします

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 4 年 前.


普通の姿勢とは、どのような姿勢ですか?


 


ウイルス性鼻気管炎、誤燕性肺炎があっても、回復の可能性はあるということですか?


 


 

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
通常の犬猫が寝る姿勢のことです。

説明は難しいですが、危険な状態ですと力なく横たわって寝てしまいます。

ですが、担当の先生が酷いというくらいなので相当悪いのですから
可能性は低いと思いますが治療に反応して回復するようなら可能性は
少なからずあると思います。

試してみない事にはなんとも言えませんし、診察をしていませんので
可能性については明言できませんが

一般的にぐったりして横たわって、体温が低下、起き上がれないなどがある
場合には亡くなる可能性が高いでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.


姿勢についてはわかりました。


体温が低下しているので、温めてあげて下さいと言われました。


ぐったりと寝ていますが、たまに顔を上げ、力なくですが啼くし、寝る場所を移動することもあるので、もしかして・・・とも思います。


生命力に掛けるしかないということですね・・・


やはり自力で食べられるようにならないと、回復は無理ということでしょうか・・・点滴で、どれだけ延命できるものなのでしょう?


それをして、苦しみを延ばすだけにならないのでしょうか?


介護が続けられるかの問題もあります。


 


ありがとうございました。


もう少し頑張ります。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
延命の程度は治療に対する反応によって異なるのでわかりませんが
苦しみはとってあげられると思います。

というのは脱水するのが一番生命にとっては苦しいことですから
何も飲まず食わずよりは点滴を出来るのであればそれに
越した事はないでしょう。

また猫の場合には肝臓が1週間程度食べないと悪くなるので要注意です。
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問