JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

issafd3sに今すぐ質問する

issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

初めてメールさせていただきます。 猫(メス)1歳 屋内のみで外出経験なしの事でご相談します。 同居猫4匹

解決済みの質問:

初めてメールさせていただきます。

猫(メス)1歳 屋内のみで外出経験なしの事でご相談します。

同居猫4匹…母猫(のら)3歳位、メス(のら8歳位)、メス(のら)6歳位
オス(のら去勢済み)5歳位 オス猫のみ現在も毎日散歩に出かけます。


今週月曜日に呼吸が荒く、調子が悪いようなので火曜日午後に病院に連れていくましたが、先生に抱かれてすぐ胸のあたりが膨らんでいるとの事でレントゲンを撮ってもらいました。
正常な状態ではなく、臓器?、リンパ?が腫れて他の臓器と区別できない状態でした。
その時胸水については何も言われませんでした。すぐに検査してもらい(正確な検査結果を得るには数週間掛かり、治療が遅れる?)猫白血病ウィルス…陽性で(エイズは陰性)おそらく縦隔型リンパ腫との診断結果でした。続いてガン治療の選択の話があり、COP療法、アドリアマイシン、名前を忘れましが応急処置的な点滴の3つ、最後にこれらの治療は一時的に良くなっても、もって6か月の延命措置で治療自体も猫には負担が大きいので安楽死も視野に入れ てと言われ、もうパニック状態です。昨日まであんなに元気だったと思いますと何が何だか……。
帰り際に誤診がないならレントゲン写真でみた腫れが少し引く薬を注射してもらい翌日レントゲンで確認するとの事で帰宅しました。帰宅後も呼吸は荒く、お腹を下にしてまっすぐ座った状態で苦しそうで症状に変化はなさそうでした。食事は少し取りました。
水曜日午前中に来院しましたがレントゲンは撮らず、腫れは引いてないとの事でした。(ならば誤診とは思いませんが注射は何だったのか?)
家族と十分話し合い、アドリアマイシンの点滴を3週間に一度打つ治療(継続的、経済的にを判断基準にしました)選択しましたが、どれ位効果がありますか?また他に良い治療方法はないでしょうか?
出来るだけの事はしてあげたいですしもしもの時の心の準備もしていくつもりです。
ネットを見ているとウイルスは完治しないのは分かりましたが、希望は0%なのでしょうか?
また他の猫達への感染等も気に掛かりますので教えて頂きたいです。

長々と文脈のない内容ですが、どうか宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

こんばんは。

1歳の雌猫ちゃんの呼吸の様子がおかしいので病院にて診察を受けたところ縦隔型リンパ腫ではと説明され、猫白血病ウイルスも陽性であったということですね。

打たれた注射は恐らくステロイド(プレドニゾロン)だと思います。

診断のための検査とは胸の中の出来物を細い針で刺して細胞を抜き取って調べる細胞診のことでしょうか。病理の先生に外注検査にて診断していただくので時間がかかるというでしょうか。

リンパ腫はリンパ球という血液細胞の癌化したもので、血液の癌で悪性です。だたし、リンパ腫は他の腫瘍に比べ抗がん剤によく反応し場合によっては寛解(見た目上正常に戻る)ためよく抗癌療法の対象になります。しかしいずれは再発して抗がん剤に耐性のあるリンパ球の癌細胞が増えてきて、最終的にはお亡くなりになります。まれに寛解したまま行き続けられる猫ちゃんもいますのが、その割合は1-2%位です。

ですので獣医師は飼い主様には抗癌療法は基本的には延命の治療であり、癌が治ることは無いとご説明します。

しかし抗癌療法によって比較的安定した状態で6か月から1年位は生きてくれるので、治療を選択される飼い主様はそれなりに多くいらっしゃるかと思います。

まず、他の猫ちゃんも猫白血病ウイルスに感染していないかチェックすることをお勧めします。

もし感染していたら隔離する必要はなくなります。感染していない場合には隔離して陽性猫と接触しないようにすることをお勧めします。

リンパ腫の細胞の型や性質によっても使用する抗がん剤の選択が多少かわることもあると思います。

アドリアマシン単独プラスステロイド内服の治療の場合にはやはり平均的な余命は6か月位だと思います。ただし再発した場合にまた他の抗がん剤を使用することで再度寛解を目指すことも可能でございます。

抗がん剤の選択については主治医の先生によくお話を聞きながら治療されることをお勧めいたします。

抗がん剤以外の治療法でなかなか有意に効果ありとされる治療法はございません。

効果のほどは不明ですということをご承知していただいた上で、例えばD-フラクション、やβーグルカン、などの免疫活性化剤の内服、オゾン療法による免疫力の賦活療法、などが考えられます。

抗がん剤による副作用は骨髄抑制や食欲不振、下痢、嘔吐です。これらの症状がなるべくでないように胃薬なども併用されることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 3 年 前.


遅い時間にも関わらず丁寧な回答ありがとうございました。


回答をプリントアウトして今日、家族でもう一度話し合いました。


 


気になる事柄が2,3ありますので回答をお願い致します。


①…セシル(子猫)のお話し内容は理解しましたが、抗癌療法を開始して、再発した場合、今の胸周辺だけでなく他の部位に転移したりして今よりセシルの負担や苦痛が増えるのでしょうか?


②…抗癌療法をしないで自然に任せたら数週間と認識していますが亡くなるときの苦闘を軽減する方法はないのでしょうか?(これが獣医の先生がおっしゃった「安楽死」選択なんでしょうか)


家族の希望としましては出来るだけ楽にいかせてやりたいと考えました。人間ならばモルヒネ等を使用すると楽に最期を迎えられると聞いたことがありますが…?人間の思い込みや都合だけで延命療法を取って良いのか、かえって苦しますことにならないのか悩んでいます。


 


回答宜しくお願い致します。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

抗がん剤を使用して一度寛解した場合でも癌細胞がすべて死滅することは稀ですので、いずれは再発します。その場合縦隔型リンパ腫ではやはり縦隔部分のリンパが腫れることが多いです。その他に体表のリンパ節や腹腔内リンパ、などが腫れる場合もございます。腫瘍なので転移することは十分考えられます。

猫ちゃん本人の苦痛については転移してもしなくても癌性疼痛や食欲不振などで出てくると思います。飼い主様が食欲不振や呼吸が苦しそうなのを見ながら看護されることはつらいことだと思います。

抗癌治療をしない場合には、1か月以内でお亡くなりになる可能性が高いです。胸腔内に腫瘍や水が貯まり肺の拡張ができなくなるため、呼吸困難になり苦しむと思います。抗癌治療して再発した場合にも同じことが起きる可能性が考えれます。

モルヒネやそれに似たお薬にて痛みを和らげることもできます。トラマドール(鎮痛剤)の錠剤ですとご自宅にて飲ませることができます。

それ以外に積極的に安楽死されることも選択肢としてはあると思います。その場合には病院にて静脈から麻酔を注射してその場で呼吸と心臓を止める処置をします。麻酔ですので苦痛な無いと思います。

リンパ腫を含め癌治療をすることは、治療中比較的動物もふつうに生活できますし飼い主様も動物の苦痛を見ずに一緒に生活できるので、たとえ半年でもなるべく長く一緒に生活

したいとご希望があれば治療していただくのはよろしいかと思います。

しかし費用の点で抗癌療法はそれなりにお金がかかります。月に数万円単位でそれが半年から1年かかる可能性がございます。

猫ちゃんの負担や費用のことを考えて安楽死を選択される場合もございます。

抗癌療法するかどうかは飼い主様が費用をそれなりにかけてでもその猫ちゃんともっと一緒に生活したいと思われるかどうかで決めていただければと思います。抗がん剤を使用して寛解したらその間は比較的普通に生活できますので、再発した場合に安楽死を選択される場合もございます。

質問者: 返答済み 3 年 前.


回答ありがとうございます。回答内容には非常に満足していますので最後に評価(非常に満足)させて頂きます。


 


もう少しお伺いしたき点があります。


 


昨日帰り際にステロイド注射をしてもらい今日は若干元気にみえます。


ステロイドの錠剤をごはんに混ぜたべさしましたが、今後、抗癌療法をせずステロイドの錠剤+トラマドールの錠剤だけの処置でしたら、どの位効果というかどんな感じになるのでしょうか?


 


また、他の猫達も随時ウイルスチェックをしますが、陽性な場合、老猫と幼い猫とでは発症率に違いはありますか?ネットでみた限りの情報ですが、陽性猫からの感染率はあまり高くない印象でした。隔離はいますが、そのあたりの情報が欲しいです。


宜しくお願い致します。

質問者: 返答済み 3 年 前.


回答ありがとうございます。回答内容には非常に満足していますので最後に評価(非常に満足)させて頂きます。


 


もう少しお伺いしたき点があります。


 


昨日帰り際にステロイド注射をしてもらい今日は若干元気にみえます。


ステロイドの錠剤をごはんに混ぜたべさしましたが、今後、抗癌療法をせずステロイドの錠剤+トラマドールの錠剤だけの処置でしたら、どの位効果というかどんな感じになるのでしょうか?


 


また、他の猫達も随時ウイルスチェックをしますが、陽性な場合、老猫と幼い猫とでは発症率に違いはありますか?ネットでみた限りの情報ですが、陽性猫からの感染率はあまり高くない印象でした。隔離はいますが、そのあたりの情報が欲しいです。


宜しくお願い致します。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

ご返答が遅れまして申し訳ございませんでした。

一般的にステロイドはリンパ腫によく効きます。リンパ球に大きく分けてB細胞とT細胞の2種類ありますが、B細胞型のリンパ腫には効果があり、T細胞型のリンパ腫では効果があまりないと言われています。

現在検査中の病理検査で細胞の型までの検査はされておられるかどうか分かりませんが、腫瘍化した細胞の種類によっても抗がん剤の効き方に違いがあります。

一般的にはB細胞型が多いとは思います。

ステロイドによく反応するリンパ腫をステロイドで治療して寛解できることはありますが、再発までの期間が短い(1-3か月)です。その後に抗癌剤を使っても再発の場合の治療の効果が限定されるつまり耐性ができている場合が多いです。

ステロイドのみの治療は考え方としてはありですが、ステロイドは抗がん剤ではございませんし、必ずと言っていいほど再発しますので、抗がん剤を使わない延命のみの治療ということになります。費用はその代り抑えられます。トラマドールやモルヒネなど の鎮痛剤は寛解中は使う必要はないです。再発して呼吸がいよいよ辛そうになった場合に使用していただければと思います。また縦隔型のリンパ腫の場合寛解中は出ませんが、再発したりすると胸水が胸の中に貯まってきます。それで呼吸が苦しくなるので細い針をさして水を抜く処置をするのですが、その間隔が最初は週に1回抜きに行くのが週に2回になり3回になりと増えていき、食欲もなくなってきてだんだん体力が低下していきお亡くなりになります。

そのような段階で鎮痛剤を使用すると猫ちゃんの苦しみが多少なりとも和らぐと思います。

他の猫にFeLVが感染するかどうかについて、FeLVの猫が室内飼育で1匹飼われていると他の猫にも感染してその一家の猫たちが全滅する飼い主様を何件か経験しております。ウイルスの感染力は弱くても常に食器を一緒にしたり、グルーミングをし合ったりする回数が多いとそれだけ感染のリスクが増える訳です。

従って別々に分けることをお勧め致します。

ウイルスの感染力自体は弱いので動物病院で移ったり蔓延することはないです。

FeLVに感染して3年以内の生存率は20%以下です。逆に感染して3年以上生きている場合にはキャリア(ウイルス保持者)になり、本人に症状はなくても他の猫ちゃんに病気を移してしまう存在になる訳です。

老猫でもFeLVに感染して3年以上生きる確率は若い猫と同じで低いと思います。今回の場合もしかしたら、年長の猫ちゃんがキャリアになっており、若い猫が発症したという可能性もあるかと思います。

issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうごじました。また何か機会があれば宜しくお願い致します。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

お大事にしてください。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問