JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ミックス、15歳メス。避妊すみ。呼吸が以前より浅く早くなっています。ゴロゴロではなく グウグウと唸るような呼吸音を

解決済みの質問:

ミックス、15歳メス。避妊すみ。呼吸が以前より浅く早くなっています。ゴロゴロではなく
グウグウと唸るような呼吸音をしている時が、たまにあります。苦しいのかな?と心配です。獣医さんに連れていきますが、このような伝え方でわかりますか?また、なにかしてあげられる事があれば、教えていただけると嬉しいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

最近お腹が膨らんできた

痩せてきた

お水を沢山飲む

食欲が落ちてきた

などはありますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


 


痩せてきてます。


 


お水はよく飲むようになりました。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
考えられる病気としては
①慢性腎不全
 猫に多い慢性腎不全では痩せてきてお水を沢山飲みます。
 そういう時に尿毒症で全身に毒素が回っているので少し呼吸が苦しかったり
 する場合があります。
 お水を沢山飲ませることや腎臓に負担がかからないように腎臓病食に変更する
 などが必要でしょう。
 また血液検査やレントゲン検査、腹部超 音波検査、尿検査で
 腎臓病の種類や現在の病態を評価してもらいましょう。

②心臓病
 肥大型心筋症などで苦しいと呼吸が浅く早くなります。
 猫は動かないので心筋症でもかなり悪くならないと症状が出てきません。
 
③肺の感染症や肺に腫瘍が出来ている。
 肺の障害で呼吸に異常が出ます。
 レントゲン検査などが必要でしょう。

④高血圧症
 腎臓病や心臓病などにより高血圧で具合が悪くて呼吸が浅い場合もあります。
 血圧測定をしてもらいましょう。

あまり良い状態では無いので、まずは明日にでもしっかりと検査や治療が出来る
病院を探して行く事が最も今必要な事です。

高齢の猫でも健康であれば痩せてくることはありませんので要注意です。
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
獣医さんにはお水を沢山飲む、痩せてきたなどを伝えてください。
技術のある先生ならある程度病気の種類がわかってしっかりと検査してくれるでしょう。

自宅で出来る事はお水を飲ませやすいようにしてあげる事くらいです。
原因によって出来る対処は異なりますしまずは病院に行きましょう。

どの病気にしろかなり悪いのだと思います


病気の種類によっても自宅で出来る事は異なるのでまずは検査をしてらもう事です。

他に質問はありますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
追加質問がさらに具体的であれば、関連のある症状が絞り込めたと考えます。インターネットで私が調べたのと同じ程度の内容で、個別回答としては不満足なやり取りでした。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
質問の再投稿があったので、僕からも回答させていただきます。
ただし、文章のみからの判断ですので、あくまで推測になることはご理解ください。

まずはもう少し情報をください。

1.食欲は増えているあるいは減っているということはありますか?
2.咳をすることはありますか?
3.呼吸が浅いとかゴロゴロなるのはいつ頃気づかれましたか?
4.鼻水やくしゃみなどはありますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

1、食欲は減っています。


2、咳をすることがまれにあります。


3、呼吸と共にゴロゴロ言うのに気づいたのは昨年です。


  一度獣医に連れて行きましたが、喉の器官を広げる飲み薬を


  処方されました。しかしとても嫌がり飲みません。


  それ以降は無理に飲ませることをしていませんが、


  ゴロゴロ音に関しては当時から比べると 


  若干、増えて来たように感じています。


  歩くときにも、ぶごぶごと言いながら歩くことがあります。


4、鼻水は一切ありません。くしゃみは今年にはいって1度だけ


  見ました。


 


※インターネットでおよその症例は知っています。


 



 慢性腎不全、心臓病、肺の感染症や腫瘍、高血圧症、


 といった検索エンジンで該当する内容を羅列した


 回答を頂いておりました。


 


 質問をしてくださることで症例が仮説として絞り込め


 理解できるといいのですが。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

同じ病気でも違った症状を出すことがありますし、症状をすべて満たすものがその病気だと言えるものではありませんので、検査で一つずつ調べて行 くのが一番の近道であるということを理解した上で、病態として考えられることを以下に述べますので、参考にして見てください。

まず、食欲低下、体重減少にかんしては、どのような病気でも同じようになるので、これで病気を絞り込むことはできません。
ただし、通常、高血圧症の主な原因となる甲状腺機能亢進症では食欲が増加しているにもかかわらず、体重減少するということが多いので、否定はできませんが甲状腺機能亢進症の可能性は低くなります。

それから、やはりポイントとしては呼吸が浅い、ゴロゴロという音がするということでしょう。
ゴロゴロという音というのは、呼吸器系のどこかからする音であり(文章のみからどの部位からでているとは言えませんが)、呼吸器系の異常をしさします。
鼻水やくしゃみがほとんどないということですので、鼻腔の異常の可能性はひどくなります。
そうなると喉から肺までの何処かの異常ということになります。
それから昨年から続いているということになると猫ちゃんの病気としては進行が遅くかなりの慢性経過をたどるものということになります。
猫ちゃんの代表的な病気としては、慢性気管支炎、喘息、鼻咽頭ポリープ、心不全などになります。
細菌性の肺炎や肺がんなどであるとすでに発症してから4ヶ月以上たっていてあまり激しい症状がでないということはまず考えられません。

検査としてはまずはレントゲンと心エコーになると思います。
多飲多尿は心不全では起こることはありますが、別の原因がある可能性があるので、血液検査もしてもらう必要があるでしょう。
鼻咽頭ポリープにかんしては、鎮静下での視診や触診が必要になる可能性があります。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 動物病院勤務歴6年
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問