JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

16才の猫です 急にたてなくなり腰くだけの状態になりました 原因をお教え下さい又 どのように対処したらよいでしょう

質問者の質問

16才の猫です 急にたてなくなり腰くだけの状態になりました 原因をお教え下さい又
どのように対処したらよいでしょうか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

足の先が冷たいなどということはありますか⁇

もう少し情報をありがとうございます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


足は冷たくありません。眼球が動いています。

質問者: 返答済み 4 年 前.


足は冷たくありません。眼球が動いています。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

眼球が揺れている場合は、脳の異常がある可能性が非常に高いです。

年齢的には、脳の疾患として脳腫瘍や脳炎、脳梗塞などは非常に多いです。
また、前庭疾患といって、平衡感覚を司る部位の異常であることもあり ます。
昨日まで元気にしていて急にたてなくなるということも脳の疾患では多いです。

これらの鑑別にはMRIが必要になりますが、MRIを撮るのには麻酔が必要で、それができない場合は、対症療法としてステロイドなどを使って行くこともあります。
脳のダメージは不可逆性になることも多いので、早めに見てもらった方がいいでしょう。

猫 についての関連する質問