JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

スコティシュフォールドの遺伝的リスクはどのように健康な子にも成猫になってから突然現れる場合があるそうですが、どんなこ

解決済みの質問:

スコティシュフォールドの遺伝的リスクはどのように健康な子にも成猫になってから突然現れる場合があるそうですが、どんなことが想定されますか?
ネットで子猫のブリーダーさんから買うことを検討しています。
スコティッシュフォールドのブラックスモークダビー(短毛)1月14日生まれの男の子です。

当方には、2才から15才の保護猫(男の子2匹 女の子4匹)がおり、仲良くできるかも気になるところです。

よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

スコティッシュフォールドちゃんの遺伝病として最も有名なものは骨軟骨異形成症候群というものになります。
これは軟骨の成長が異常を起こすために足の関節がゴツゴツしてきたり、痛みを起こすものです。
発生率というのは僕の調べた限りでは統計として取られていませんが、通常の動物病院でも見ることがあるくらい一般的な 病気ではあります。
スコティッシュちゃんの半分以上が起こすというほど高い確率ではありませんが、数%で起こるのではないかと思います。

ほかには特別スコティッシュちゃんだから出てくるというような病気はありません。


それからスコティッシュちゃんは一般的に懐こくて、神経質だとか怖がりではない子が多いため、仲良くできる可能性は高いと思います。
ただし、そのあたりに関しては人でもそうだすが、その子その子で性格も異なりますし、相性もありますのである程度は買ってみるまでわからないことが多いです。

通常新しい子を入れる場合は、まずは新しい子が動ける範囲を制限して(最初はさーくるやけーじなど)、先住猫ちゃんがその子を受け入れる時間を作り、少しずつ新しい子の動ける範囲を増やしていくことで先住猫ちゃんが受け入れやすくなると言われています。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問