JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫の口内炎、歯周病について 現在18歳の老猫を飼っています。ずっと口内炎、歯周病に悩まされています。 慢性腎不全

解決済みの質問:

猫の口内炎、歯周病について
現在18歳の老猫を飼っています。ずっと口内炎、歯周病に悩まされています。
慢性腎不全にもなっているため、病院には2週間に1回通い、2週間効く抗生剤の注 射と輸液をしてもらっています。
ここ1ヶ月ぐらい、口内炎がひどくなり、あくびができないほど、
痛がり、口内に口内炎から炎症がひどくなり、穴が開いてしまっています。
炎症がひどい方の顎下はリンパが腫れ、玉のように固まっています。
一時はご飯も食べなかったのですが、現在非ステロイドの消炎鎮痛剤を処方してもらい、今週は毎日餌に混ぜて飲ませています。腎不全の薬も毎日飲んでいます。
主治医の先生は、非ステロイドの消炎鎮痛剤は、来週には2日に1回に減らしましょうね。
と話していました。
現在、a/d缶を食べ、元気を取り戻してきていますが、
a/d缶に飽きてきてしまってます。

腎不全のことも考えながら、口内炎にいい治療法はないでしょうか?
効果的なサプリメントや漢方なんかも試したいと思っています。
血液検査の数値はBun23 クレアチニン2.5です。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

猫ちゃんの口内炎は難治性になることは多いです。

やはり基本はステロイドや非ステロイドの抗炎症剤になることが多いです。
サプリメントや漢方に関しては、ちりょうの補助的に考えてもらい、少しでも非ステロイドの量や頻度を減らせる可能性があるくらいに考えてもらった方がいいです。
実際使って見てある程度の効果がありそうなものはセラプトやラクトフェリンになります。

それ以外の治療法として抜歯はかなり効果がある子が多いです。
特に歯と歯茎の間に炎症が起こる場合は、抜歯をすることによってお薬を使わなくてもいいくらいになる子も少なくありません。

腎不全があるので、麻酔には腎不全を悪化させてしまうリスクが伴いますが、その数値であれば、術前、術中、術後点滴をして、プロポホールなどの血圧を下げにくい麻酔を使うことで、それほどリスクが少なくできるのではないかと思います。
口内炎の出方にもよりますが、歯と歯茎の間に強く出る場合は、抜歯の相談をされてもいいと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございます。
抜歯のアドバイスをいただきましたが、我が家の猫は、心臓肥大もあり、高齢であることから、手術でのリスクが高す ぎるため、主治医の先生とも抜歯の手術のことはやめておこうということになりました。
高齢でもあるので、麻酔のリスクを考えると
決められません。
口内に穴のようなものが開いているのは、やはり抜歯などをしないと塞がらないのでしょうか?
サプリメントや漢方は補助的なものとして考えます。
なんとか手術をせずに治療をできたらと思うのですが、
腎不全の薬や非ステロイドの消炎鎮痛剤を使用していても、
漢方などを使うことはできますか?
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
漢方やサプリメントは他の薬と併用できますので、問題ないです。
むしろ他の薬との併用で補助的に使うことが多いです。

かなりひどい口内炎は薬やサプリメントなどの内科療法の場合は、症状を抑えて行くというのが限界かと思います。
ですが、確かに心不全もあるのであれば、麻酔は難しいかもしれませんね。

そうなると、やはり内科療法で抑えて付き合って行くしか方法はないと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございます。

漢方で効果があるものはご存知ですか?

やはり薬が切れる頃に、痛みがあるようで、
あまり食べなくなります。

心臓肥大、慢性腎不全、高齢、口内炎もかなりひどい状態でも抜歯の手術は有効なものでしょうか?
先生が手術されたケースを教えていただけると
励みになります。
よろしくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
漢方にかんしては、口の状態にもよりますので、やはりその状態をみて薬を処方してもらうのが一番でしょう。
ただし、漢方は痛み止めではなく、長期的に飲むことで炎症を少しずつ抑えるというものですので、痛みがある場合はお薬を飲む以外には方法はありません。

抜歯はどのような症例でも有用です。
心不全や腎不全があるから有用ではないというわけではなく、それらがある場合は麻酔のリスクがあるために使いにくいということになります。
心不全、腎不全の程度によってはやります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問