JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

猫の右肩が大きく腫れています。膀胱炎の疑いがあったので獣医に連れて行き、帰ってきたら腫れていました。病院では膀胱炎の

質問者の質問

猫の右肩が大きく腫れています。膀胱炎の疑いがあったので獣医に連れて行き、帰ってきたら腫れていました。病院では膀胱炎の炎症を抑える注射と、昨日から1日ほぼ食事をしていなかったため脱水症状を防ぐ注射(100ml)をしました。触っても痛がる様 子はありませんが、見た目にも明らかにおかしな腫れ方をしています。この時間は診療時間外のため病院にも電話がつながらず、救急病院も診療時間外のため、緊急に対処が必要な場合どうしたらいいかも分からず不安です。注射の影響によるもので心配ないのか、どこか病院を探して急いで連れていかないといけないのか、何かできることはありますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

猫ちゃんの肩のあたりが腫れているということですね。

ご心配されなくても大丈夫だと思います。

それは皮下点滴といって、皮膚の下の皮下組織に水分をためる注射をされたので、その液体が一時的に貯まっているものと思われます。飼い主様の文章にも100cc注射をされたと書かれておりますが、その100ccの液体がいまは肩のところに貯まっている状態だと思います。

この液体は10時間位かけてゆっくりと毛細血管から体に吸収されるものです。今は肩に貯まっておりますが時間が経つと中身は液体ですので、重力の加減で次第に肘あたりに移動していきます。

そこの部分はあまり触らないようにしておいてあげて下さい。

夕方ごろにはかなり吸収されているはずです。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

早い回答ありがとうございました。診療をしている病院が見つからなかったのでとても心配でしたが安心できました。


病院では皮下点滴の説明はなかったので、病院で同じようにきちんと説明してくれていたらこんなに不安になることもなかったのでは・・・とかかりつけ医に不信感が出てきました。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

確かに飼い主様からすると突然猫ちゃんの肩が腫れていたら驚かれるのも無理はないと思います。私も皮下点滴する場合には飼い主様が心配されないようにご説明しながらしております。

獣医師にとっては通常の何気ない治療であっても飼い主様にとっては初めての経験であったり、ドキドキするような処置だったりすることがよくあります。

その先生にとっては皮下点滴は日常よくやる治療なので、もしかしたらついご説明を怠ってしまわれたのかもしれません。

病院が午後の診察時間になったときにもう一度先生にお電話していただき、何も教えてもらえずに大変に不安になったということを率直にお伝えされてみてはいかがでしょうか。

その先生にとっても大変ありがたいご助言になると思いますし、今後の診療技術の向上にもつながると思います。

その時の先生の反応で、大変申し訳ないと言われるかもしれませんし、あるいは他の返事が返ってくるかもしれません。

治療は決して間違いではないのですが、飼い主様に対するインフォームの点で配慮に欠けていたと思います。

もう一度飼い主様の方からコミュニケ-ションをとっていただいてなるべくはやめにその不信感を取り去ることをお勧め致します。

そうすることが猫ちゃんの今後の治療に良い影響を与えると思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

感想にまで丁寧にご回答頂きありがとうございました。


 


夕方の診療が始まるのを待って電話してみました。院長の奥さん(診察時に一緒にいらしたのでご存知)が出られ、「大きな注射打ってますからね~、特に嫌がってる様子はないんですよね?」と、当たり前でしょとでも言わんばかりの反応でした。


こちらがとても不安だったことは理解してもらえなかったようです。


このサイトで聞いていなかったらずっと心配し続けていたのかと思うと、今の治療が終わったら今後は別の病院を探してみようと思いました。


 


色々とありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

飼い主様にとっては大変残念な先生の返答でしたし、私も残念です。

私も猫を飼っていますので、飼い主様のお気持ちはよく分かります。ですので、動物の扱いも大切ですし、飼い主様へのインフォームも大切だと思っております。

まずはしっかり、避妊手術の傷を治して、膀胱炎の治療をされて、猫ちゃんが元気になるようにしてあげてください。

猫ちゃんを安心して任せられる先生を見つけていただき、猫ちゃんとの生活を楽しめるようになられることを願っております。

お大事にしてください。

猫 についての関連する質問