JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

18歳の雌猫です。 昨年腎臓の数値が少し悪いと言われましたが(BUN38.9)治療してません。今年一月無駄鳴きが多

質問者の質問

18歳の雌猫です。
昨年腎臓の数値が少し悪いと言われましたが(BUN38. 9)治療してません。今年一月無駄鳴きが多いので、甲状腺の検査と予防接種に行きましたが、甲状腺は異常なく、脱水がひどいので予防接種するなら皮下哺液をいれてあげたほうが良いとのことで注射しました(BUN43.8)。先月末に二回目注射にいきましたが1月に比べ400グラムも痩せていました。その日処方された薬(フォルテコール・レンジアレン)を飲ませたところ(2日のみ・1日目から立てなくなりました)立てなくなりぐったりしたので他の病院へ連れて行ったところ「この子の数値でその薬はきつく病状を悪化させる」とのことでした。低血圧低体温になっていました。二回点滴をしましたがまだ立てません。1.やはり急に悪くなったのは最初の病院の判断が間違えてたのでしょうか。2.薬が悪かった場合病院に責任を取っていただきたいのですがどのように話を持ちかけたらよろしいでしょうか。3.今後腎臓に関して延命は無理にしませんが元の状態に戻ってほしいです(薬を飲ませる前)。どのような治療が最適でしょうか?よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

18才の猫ちゃんがフォルテコールを飲んだ後から調子が悪いということですね。

腎臓の評価はBUNではなく、クレアチニン(CRE)でします。BUNは食事の影響などを受けやすく変動しやすい数値ですので、より安定した数値のCREで行うことが多いです。

ただし,痩せている猫の場合にはCREの上昇が見られない場合もございます。また尿検査も組み合わせて腎機能の評価をする必要があります。

CREの数値が5未満であれば、腎臓の治療を目的として、フォルテコールを0.25mg/kg1日2回で使用することがあります。このお薬は血管拡張剤なので、腎血流量が増加して、腎臓の糸球体ろ過量が増えますので、老廃物の排泄が促されます。また腎臓の糸球体高血圧の治療として有効とされております。糸球体とは腎臓にある血液ろ過装置です。

できれば、18歳とご高齢なのでこのお薬を使用するまえに血圧や心臓の状態を確認してからの使用がより望ましかったのかもしれません。

今の猫ちゃんの状態はまだ元気がないということでしょうか。できれば心臓の状態をエコーにて確認していただき心筋症による状態の悪化がないかどうか調べていただくことをお勧めします。心臓に異常がある場合にフォルテコールを使用することで具合が悪くなる場合がございます。実際に診ているわけではないので、確かなことは分かりませんが、現在もまだ立てない場合には腎臓の具合が悪いからではなく心臓の具合が悪いからという可能性もあると思います。

腎臓だけのことで言えば、クレアチニンが5未満の場合フォルテコールを使用することはあり得ることといえます。

その場合にはその先生のご判断が間違っていたとは言えないと思います。

治療の方針については腎臓以外に血圧も含めまして心臓の評価をしっかりされることをお勧めします。心臓に異常がある場合には原因に応じてその治療をすることが重要です。

心臓に異常が無い場合には、お薬の効果は既に切れていると思いますので腎臓のほかに具合が悪いところがないかもう一度スクリーニング検査されることをお勧め致します。

まず猫ちゃんの状態を回復させることを最優先させていただき、その過程で先の病院の先生に猫ちゃんの現在の状態や検査の結果で腎臓のほかに異常があったかどうかなどをご説明してみていただいてはどうかと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。
3月3日に愛猫は天国へと旅立ってしまいました。


2.3日別の病院へ行き皮下に点滴と下痢止めの抗生物質を入れてもらいましたが3日の朝病院へついた途端から気が立っておりシャーシャー言っており午後に亡くなりました。


2日午後 血便 便検査・・・食べたものがそのまま出てきてるような状態。治療:点滴 ビタミン剤 帰ったら元気で餌を食べた 夜中3時頃も必死で立とうとしていた。


3日 朝 9時 気が立っていてシャーシャー言っていた。 ぐったり 治療:点滴 抗生物質(下痢止め) ビタミン剤 


14:00死亡


 


翌日火葬しましたが霊園のベテランの方が言うには高齢の割に大変きれいで形の崩れていない骨ですから、病気やがんは考えられないですね。(もちろん獣医でないのでその方の経験上ですが)とのことでした。腎臓病やがんの場合骨がもろかったり黒っぽくなっていたりするそうです。


①やはり心臓系が悪かったのでしょうか?その他可能性の高いものはありますか。


治療しなければもっと長生きできたのではないかと悔やまれます。


2番目の病院も治療して先生も安心しきっていた矢先で死亡しました。


②どちらの病院も検査不足ということでしょうか。私が検査より治療に費用かけたかったので最低限の検査をお願いしていました。


この二点だけお願いいたします。


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。
3月3日に愛猫は天国へと旅立ってしまいました。


2.3日別の病院へ行き皮下に点滴と下痢止めの抗生物質を入れてもらいましたが3日の朝病院へついた途端から気が立っておりシャーシャー言っており午後に亡くなりました。


2日午後 血便 便検査・・・食べたものがそのまま出てきてるような状態。治療:点滴 ビタミン剤 帰ったら元気で餌を食べた 夜中3時頃も必死で立とうとしていた。


3日 朝 9時 気が立っていてシャーシャー言っていた。 ぐったり 治療:点滴 抗生物質(下痢止め) ビタミン剤 


14:00死亡


 


翌日火葬しましたが霊園のベテランの方が言うには高齢の割に大変きれいで形の崩れていない骨ですから、病気やがんは考えられないですね。(もちろん獣医でないのでその方の経験上ですが)とのことでした。腎臓病やがんの場合骨がもろかったり黒っぽくなっていたりするそうです。


①やはり心臓系が悪かったのでしょうか?その他可能性の高いものはありますか。


治療しなければもっと長生きできたのではないかと悔やまれます。


2番目の病院も治療して先生も安心しきっていた矢先で死亡しました。


②どちらの病院も検査不足ということでしょうか。私が検査より治療に費用かけたかったので最低限の検査をお願いしていました。


この二点だけお願いいたします。


追伸 クレアチニンは1.4 GPT168 GOT69 ナトリウムは146で,あとは正常値でした。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

猫ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

1つ目のご質問については、やはりもともと心臓病を抱えていた可能性があるかと思います。急に下半身が立てなくなったりする場合の可能性としては血栓塞栓症が考えられると思います。これは心臓病の猫ちゃんで起きる病気ですが、心臓内に血流の滞留がおきてその結果心臓内に血餅ができ、その血餅が心臓の外にでて大動脈から末端の細い動脈の分岐部分などで詰まる病気です。血流が滞るので、詰まった末端の足(おもに後肢が多い。)は冷たくなり動かなくなります。血栓症は痛みを伴います。またこの病気は予後が非常に悪いです。

2つ目のご質問については、検査の必要性は診察した獣医師の判断に基づき飼い主さまにご提案があるものです。その中で飼い主さまが費用などを考慮して検査をするかしないか決めていただきます。最初の段階でさまざまな病気の可能性をどれだけ考えに入れて飼い主さまにご説明することができていたか、どれだけその検査の重要性を飼い主さまにご理解いただけていたか、によるのではないでしょうか。

検査不足というのは簡単ですが、その前に獣医さんのコミュニケーション能力が問われるところだと思います。どれだけ正確に病気の可能性や重大性を飼い主さまにインフォームできるか獣医師に問われる部分だと思います。

BUNの上昇に比較してクレアチニンの正常値ということは、やはり最初の段階でBUNの上昇が腎臓からくるのか、心臓からくるのかを尿検査あるいは心エコー検査にて判断しておきたかったところだと思います。

私もお役にたつことができず大変残念です。

猫ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました。


長い間一緒にいてくれた愛猫に感謝し、苦しかっただろうからゆっくり休んでくれるように祈ってます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

大変ありがとうございました。


愛猫の抱えていた病気を発見してあげることができず(事情があり晩年はあまりかまってあげられなかったですし)悔やまれますが、今はとにかく天国でゆっくり休んでくれることを祈っています。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

18歳と非常に長生きされたと思います。

猫はいつまでも飼い主様を親と慕い、飼い主様にとっても子猫と同じだと思います。

天国にて元気に跳ね回って、飼い主様を見守っていることと思います。

猫ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

動物への愛情をこれからもいつまでも持ち続けてくださるようお願い申し上げます。

猫 についての関連する質問