JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めまして、すがる思いでメールいたします。6歳になるアメリカンカールの猫を飼っています。真っ白でブルーの目をしていま

解決済みの質問:

初めまして、すがる思いでメールいたします。6歳になるアメリカンカールの猫を飼っています。真っ白でブルーの目をしています。耳が聞こえません。小さい頃から血尿をしていましたが、つい最近までは元気に過ごしていました。2月14日頃吐いてしまい、獣医さんに連れて行きました。その時は注射をしてもらい食欲も少し出て元気になりましたが少し水の飲む量が増えて来て心配になりまた吐いてしまし21日に血液検査と注射をしてもらいました。結果BUN5.9、Cre3.1、Glu126、T-cho188でした。先生はちょっと値は高いけど大丈夫と言われました。24日にぐったりしてすぐ医者に行きました。熱があり皮下点滴と5日分の解熱剤と抗生物質を出され様子をみるようにいわれましたが、26日元気がなくすぐ医者へその間も食欲がなく水のみでした。血液検査としてもらい結果が結 果BUN7.7、Cre3.1、Glu156、T-cho216で増えていました。猫エイズの検査もしてもらいましたが大丈夫でした。血液検査と注射をしてもらい。食欲はありませんでした。本日28日ぐったりして自分では動けない状態です。自分では歩く事もできなくなってしまいました。今日も皮下点滴と注射をしてもらいました。先生にはもう猫の気力次第と言われてしまいました。ここまで急に状態が悪くなった経験がなくもうどうしていいかわからずメールさせて頂きました。もともと体の弱い猫ではありましたがどうしていいかわからず今もぐったりしています。神経質な猫なので入院はさけたほうがいいと言われ土曜日に皮下点滴に行く事になっています。体重はその間減っていません。どうしたらいいのでしょうか。少しでも元気になって欲しいのですが。すみません。まとまりなくて宜しくおねがいします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

BUNの値は5.9や7.7はむしろ低いくらいですが、59や77ではないですか?
また、今の数値では動けないくらいひどい数値ではないですが、病院では原因は何と言われていますか?
他に血液検査やレントゲン検査などはされていますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


血液検査は T-Bil0.2、GoT15、GpT28、T-cho216です。レントゲン検査は多分個人のお医者さんでないのかもしれません。血液検査はその他はしてないのですが、田舎でどこの医者に行っていいかわからず、もともと小さい頃から病気もちで良くわからないと先生にも言われてしまいました。今もぐったりしています。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。
BUNの数値に関してはいかがですか?
その数値であっていますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

BUNは7.7です。先生が調べてくれたものなので

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
BUNは25〜30までは正常値ですので、その数値はクレアチニンの値を考えるとかなりアンバランスに低いことになり、肝不全や栄養失調でBUNを作れていない状態であることを示唆します。

血液検査の数値からはそれほどぐったりする原因は見られません。
貧血の数値や白血球の数値がでていませんが、もしこれらが正常だとす ると、血液検査では現れない異常が悪さをしていることになります。
たとえば腹腔内や胸腔内に腫瘍ができていたり腹水や胸水がある、心不全を起こしている、腸閉塞を起こしている、子宮内膜症や子宮水腫がある、腸閉塞や腸重積があるなどといったことです。
これらでは血液検査ではわからないことが多いです。

ですので、レントゲンや超音波検査のある病院でみてもらわないと減員はわからないでしょう。
もし、それが難しい場合は、とにかく点滴と抗炎症薬や抗生剤などの注射などの対症療法をしてもらって、自分の体力で回復してきてくれるのを待つことになるでしょう。
ただし、原因を治療しないとよくなってくれない可能性は高いので、できるだけ少し遠くても施設のある程度整った病院(レントゲンや超音波はおいてある病院は非常に多いです)でみてもらうことをつよくおすすめします。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問