JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

一昨日に愛猫が急死しました。まだ推定2歳10ヶ月でした。 捨てられていた子で推定4ヶ月で我が家にやってきました。

質問者の質問

一昨日に愛猫が急死しました。まだ推定2歳10ヶ月でした。
捨てられていた子で 推定4ヶ月で我が家にやってきました。
血液検査の結果白血病、エイズは陰性でした。
とても大きな茶トラの男の子で肥満というより大きな体型で7キロ近くありました。
とても食いしん坊で甘えん坊の遊び好きで、でも運動神経は今ひとつ、他の子と比べると眠る時間が非常に少ない子でした。でもとても恐がりで来客があると常に隠れてしまう子でした。
その日は私は仕事でしたが、家にいた夫に聞くと、いつものようにぱくぱくとご飯を食べ、大好きな猫じゃらしで元気に遊び、家の中をお散歩し(人を引き連れて家の中をお散歩するのが大好きでした)押し入れのお布団の上で眠っていたそうです。
私が家に帰るといつもダッシュで飛んできておねだりをしにくるのに、その日は姿を見せず押し入れを覗くと、既に息絶えてました。
瞳も口も閉じたまま、まるで普通に眠っているかのような姿で亡くなっていました。
吐瀉物はなく、お布団の上におしっこはしていました。
手足は硬直していたものの他の部分は時間が経っても柔らかく本当に眠っているようでした。
昨日火葬はしましたが、あまりにも急で原因も分からず、一人で逝ってしまったあの子のことを考えると何もやる気が起きません。
昨年の冬に膀胱炎になり通院しましたが、今年はその兆候も全くなく安心していたのに。
あまりにも短い命に、誰よりも寂しがりやだったのに看取ってやれなかったことに気持ちの整理がつきません。
推測しか出来ないと思いますが、この子の原因は何だったのでしょうか。亡くなる時苦しかったのでしょうか。
どうかご回答をお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんにちは。
突然のこと、またまだ若い愛猫さんを失われてとてもお辛いお気持ちお察しいたします。
いつも寝ていたところで急に亡くなっ ていたとのことですので、おそらく心臓発作を起こしたのではないかと思います。
何の前触れもなく突然死するときは、やはり心臓発作の可能性が一番高いのではないかと思います。
猫ちゃんには心筋症という病気が多く、今まで全く症状を出さずに、突然発作が起こり、亡くなることがあります。
寝ているような様子で亡くなっていたとのことですし、最後は苦しむことはなかったと思います。
苦しんで亡くなった子は、目や口を大きく開けていたり、吐血したりしていることが多いものです。
飼い主さんも突然のことでかなり驚かれたことと思いますが、残念ながら心筋症などの心臓疾患はエコー検査でしっかり見てもらわないと前もって診断することは難しかったと思います。
あまりご自分を責められないよう、パンくんをしっかりご供養してあげてくださいね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

おはようございます。ご回答をありがとうございました。


ご回答を頂き、猫の心臓発作について調べてみました。


思い返してみれば、昨年の夏だったと思いますが、透明の液体を吐いた後、犬の様に舌を出し、よだれを垂らし、ハァハァと呼吸をしたことがありました。


ほんの数秒のことでしたが、驚いて声をかけ撫でてあげると普通に戻り


いつものようにおねだりを始めました。


実は前の夜にいつものカリカリを切らし、違うカリカリをあげたのですが全く食べず、朝に慌てていつものカリカリをあげると普通にぱくぱくと食べてまた元気に遊んでました。


そんなことからその時は空腹からそのような症状が出たのかと思い、病院に連れて行くこともありませんでした。


あれが予兆だったのでしょうか?


あの時に検査をしていれば、対処出来ていたのでしょうか?


7歳を過ぎたら、本格的に健康診断に連れて行こうと思っていましたが、こんなに若くても発症するものなのでしょうか?


今となっては悔やまれることばかりですが、私たちに沢山の愛をくれたパンくんをきちんと供養してあげようと思います。


 


家にはパンくんと兄弟のように育った茶トラの男の子がまだおります。


どんな些細なことでも気をつけていきたいと思ってますが、こんな症状があれば要注意等あればご教示下さい。


どうぞよろしくお願い致します。


 


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうですね…猫ちゃんが真夏で熱中症でもなく、舌を出して呼吸するという状態は異常ですし、胸に何らかの疾患があったと思い ます。
私の経験では、心筋症や心臓腫瘍などにより食道が圧迫されて、初期症状として吐き気をもよおす子もいます。その時点でレントゲンやエコーをとってみたら、胸に疾患があったとわかる子もいます。
やはり、猫ちゃんは呼吸状態をよく見ておいた方がよいです。開口呼吸のほかにも、お腹がバクバクいうような荒い呼吸も異常です。

残された猫ちゃんのために、パン君の経験を生かしてあげてくださいね。
また、何かありましたらお聞きになってください。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


今はただただ自分の無知さが悔やまれてなりません。


自責の念は強くありますが、原因が分かり良かったと思います。


せめてパンくんが天国へ旅立てるよう、そして残された子に二度とこんな悲劇を起こさせないよう頑張ります。


 


 


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうですね、しかしなかなか心臓疾患は前もって気づくのは難しいと思います。
パン君はちゃんと天国にいって、今は苦しまずに飼い主さんと残された猫ちゃんを見守っていると思いますよ。
パン君が悲しまないよう、残された子たちのためにも、あまり落ち込まないでくださいね。

猫 についての関連する質問