JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

昨年年末から嘔吐を繰り返し掛かりつけの病院で診てもらったところ原因わからず薬をもらいました。一向に治らないのでもう一

解決済みの質問:

昨年年末から嘔吐を繰り返し掛かりつけの病院で診てもらったところ原因わからず薬をもらいました。一向に治らないのでもう一度病院へ。血液検査をし、白血球の値が高いということだけでまた同じ薬。
心配だったので別 の病院へ。
そこで言われたのが異物があるとのこと。内視鏡での手術を勧められ昨日手術。
結果異物ではなく、慢性の胃炎か腫瘍の可能性が・・・ということで病理検査に細胞を提出。

問題はその手術で使われた麻酔。先生の話だと全身麻酔から目を覚ましたら極度の興奮状態だったのでもう一度、今度は違う種類の麻酔薬を使いまた眠らせたとのこと。
迎えに行って連れ帰る時はまだ麻酔で意識がもうろうとしてますが・・・家に帰っても全然元に戻る様子もなく、一晩経てばと思い今日をむかえましたが、よくなるどころか力なく歩き、目が見えないのか耳が聞こえないのか呼びかけにも反応せず、ご飯も場所がわからないのか手で与えないとうまく食べれず、あげく抱かれるのを嫌がる子が抱っこされて私の腕の中にいたりします。

今すぐにやるべきことはなんですか?
ちなみに手術を受けた病院」は今日定休日です。

このままにしておくと死んでしまいそうです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

スコティッシュの猫ちゃんが試験開腹の手術後の経過がよろしくないということですね。

まず、その病院は本日休みで診療してもらえないとのことですので、別の病院にて点滴(状況に応じて皮下点滴や静脈点滴)をして、術後の管理をしっかりされることをお勧めします。

2度目に使用した麻酔、あるいは鎮静剤の種類はかかりつけ医の本人に確認しないと分からないと思いますが、覚醒に時間がかかりまだ、その麻酔が体から抜け切っていない状態だとおもいますので、点滴して代謝を積極的に促し、麻酔を体外に出すようにしていただくことをお勧めします。

恐らく、適切に処置をすれば大事に至ることは無いと思いますが、あまり長時間そのような状態が続くと、血液還流量の影響を受けやすい腎臓にダメージが出る可能性もございます。ご心配であれば念のため、血液検査をされて、その結果腎臓の数値に異常がなければ、皮下点滴、異常がある場合には静脈点滴されることをお勧めします。

そのご様子からすると、2回目はアセプロマジンという薬を使用された可能性があるかと推測しますが、かかりつけの先生にご連絡をとっていただきできれば猫ちゃんの状況説明と2回目の麻酔の種類は何かの確認もお願い致します。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

追加で回答させてください。

猫ちゃんの嘔吐の原因は、腫瘍以外の可能性としては、炎症性腸疾患や慢性の胃腸器運動機能の低下の可能性がございます。

その場合にはメトクロプラミドやガスモチン(胃腸の動きを促進するお薬)や場合によっては特に炎症性腸疾患の場合にはステロイド(副腎皮質ホルモン)の使用によって症状の改善が認められます。

検査の進め方は本来造影レントゲン検査でその次は内視鏡ですが、内視鏡が無い場合には今回のような試験開腹も行います。

まずしっかり術後のケア(水分補給の点滴や疼痛管理)をしていただき、猫ちゃんの状態を回復させてあげてください。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問