JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんばんわ。 参天製薬にジクアホソルナトリウム配合の目薬がありますが、猫用にもありますか? (目がぐちゃぐちゃの

解決済みの質問:

こんばんわ。
参天製薬にジクアホソルナトリウム配合の目薬がありますが、猫用にもありますか?
(目がぐちゃぐちゃの猫の治療に失敗して白く潰瘍状態になってしまいました。
治す方法を探しています。)
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

再度のご質問ありがとうございます。

ジクアホソルナトリウムは最近人間用に認証されたばかりの薬ですので、猫ちゃん用にはありません。
猫ちゃんの目薬はときに人用の点眼薬を使っており、ジクアホソルナトリウムの猫ちゃんへの効果も報告されているということ ですので、もし使うとすれば人用のものを猫ちゃんに使うということになるでしょう。
ただし、まだまだ実験段階でしか証明されていませんし、この薬は涙の量を増やすお薬ですので、文面からは断する限りでは飼い主さんの猫ちゃんにはそれよりも眼の表面の保護作用のあるヒアルロン酸の目薬(ヒアレインなど)の方がいいのではないかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お返事ありがとうございます。


ヒアルロン酸の目薬は10日ほど試しましたが、見た感じでは効果がなかったです。長く続けないとわかりませんか?


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうですね。

ヒアルロン酸の効果は、目の乾燥を防いで自己再生を促すということです。
ですので、名が続けなければわかりません。
ただし、潰瘍が白くなったもの(おそらくすでに瘢痕化してしまっている状態かと思います)に関して は治療はかなり難しいです。
すでに潰瘍自体がなくなっていることがフルオロセイン試験などで確認できる場合はステロイドと抗生剤を併用していくことで少しずつ白い部分が小さくなることはあります。
また自分の血液から血清をとって(自己血清)、それを眼薬にする方法も治癒の促進を促すといわれています。

ただし、上にあげたすべての方法でもどうしようもないことも多いですので、やってみないとわからないでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

(潰瘍自体がなくなっている) とはどういう状態ですか?猫の目は瘢痕化していると思います。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
角膜の傷が治っても角膜が白く濁った状態である場合はステロイドを使っても問題なく、角膜の混濁をとることができる可能性があります。

瘢痕化と角膜の混濁は程度が異なりますので、かなりひどい傷のあとの瘢痕であればそれはできませんが、白く濁っている状態であれば、まずはフルオロセインで潰瘍が子のこってないか調べてもらい、それがなければステロイドを使えるということです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

片方はかなりひどい瘢痕のような気がします。でも、もう一方は白く濁っているだけかもしれません。抗生物質に対してアレルギーがあり、薬が心配なのですが、点眼薬ですか?点眼薬なら副作用も少ないですか?

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
点眼薬でも一度飲み薬でアレルギーを起こしたものと同じものだとアレルギーを起こす可能性があります。
抗生剤にも何種類かあるので、違う抗生剤の目薬を出してもらうのがいいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

瘢痕化していない方の目は、抗生物質があえばまだ治療できるかもしれないということですか?



専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
抗生物質だけでは難しいと思うので、ヒアレインなどの潤いを保つものとステロイドなどの混濁を取り除くものが必要です。
それがあれば治る可能性はあります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

治る可能性があることがわかり嬉しいです。眼科のある病院に伺ってみます。
夜分遅くに何度もすみませんでした。ありがとうございました。


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
はい、お大事にしてください。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問