JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

10歳雄猫の血尿で悩んでいます。 5年ほど前から、血尿をするようになり、膀胱炎と診断され、通院していましたが、その

解決済みの質問:

10歳雄猫の血尿で悩んでいます。
5年ほど前から、血尿をするようになり、膀胱炎と診断され 、通院していましたが、そのペットクリニックは、数滴の尿からの尿検査と抗生剤(オレンジの錠剤)服用だけの診察で、あとは家で水をたくさん飲ませてくださいと指示するだけでした。こちらもあまり知識がなかったものですから、血尿をするたびにクリニックへ連れて行き、前述の診察をするだけの繰り返しのまま、数年が経過しました。
昨年、そのクリニックへの不信感から、別の動物病院を見つけ、今までの経緯や治療を話したところ、菌を培養したり、レントゲンやエコーをしなかったことに驚き、それらひと通りの検査をしていただきました。結果、腎臓にも膀胱にも尿管にも結石は見つからなかったのですが、菌の培養検査では、緑膿菌など3種類の菌が発見され、それに合う抗生剤を約1ヶ月飲み続けました。その間、3日に一度くらいのペースで補液もしてもらいました。
血尿の頻度は少なくなってはいますが、新しい病院になってから半年、未だに血尿が治まりません。抗生剤はこれ以上飲ませたくないということで、血尿のたびに止血剤を1週間服用させています。エサはPHコントロールライトのみを食べさせています。頻度としては1ヶ月に1~2回くらいです。
獣医師さんも『難治性膀胱炎』という診断しかできず、どうしてこう続くのか悩んでいる状態です。とても誠意をもって治療していただいてはいますし、私も信頼しているのですが、こうなかなか改善されないと不安が募り、別の獣医師の方にも相談したくなり、こちらのサイトを見つけたので、投稿させていただきました。
お忙しいところ申し訳ありませんが、愛する猫のため、どうか助けてください。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

難治性の膀胱炎ということですね。

抗生剤による治療によって今現在は細菌は検出されていないのでしょうか。

感染がないにもかかわらず血尿が出ているということでしょうか。

ご連絡お願い申し上げます。

質問者: 返答済み 4 年 前.
早々にご連絡ありがとうございます。
その後は培養による細菌検査はしておりません。
料金が大変高いということもあり、
定期的な補液(月1~2回)と止血剤を飲ませ、
尿検査をしています。
血尿はトイレシートで発見し、その後採尿しても、
PHも安定しているし、細菌も検出されず、
その後しばらく安定するという繰り返しです。
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

費用の点は確かに問題ですが、できれば血尿が出ている場合には細菌培養検査を定期的にされることをお勧め致します。病院の方針もあるかと思いますが、モノリスという検査会社の簡易培養の抗生剤の感受性検査であれば、細菌の同定はしませんが、抗生剤の感受性検査のみしてくれますので、細菌感染の有無とそれに有効な抗生剤が分かります。これですと数千円はしますが、今までの培養検査より安いと思います。

泌尿器系の場合には出血部位が腎臓や膀胱、尿道などいろいろですが、今現在は膀胱からの出血だということですね。

膀胱炎の場合にはそれに伴い頻尿や不適切尿(トイレ以外でおしっこする)、あるいは排尿時に痛みがあるので鳴く、あるいは日ごろ変な声で不安そうに鳴くなどの症状があるのでしょうか。

もし、細菌感染なし、でさらに上記のような泌尿器疾患に伴う症状がない場合には一旦治療を終了するという手もあると思います。そして定期的に尿検査をして感染などの異常があればそのときに治療をするという方法です。

確かに難治性の血尿でしかも細菌感染なしの膀胱炎(特発性膀胱炎とか間質性膀胱炎といいます)の猫ちゃんを見ますが、その治療をどこまでするかは難しいところです。

少なくとも血尿で貧血することはありえませんので、易感染性という点が気になりますので定期的に尿検査をしつつ、普段はpHコントを食べさせてあげて、ゼンラーゼなどの尿症状の改善サプリを飲ませるという治療が現実的だと思います。

私の猫の経験で申し訳ないのですが、自分の猫も神経性膀胱炎でストレスがつづくとすぐに血尿がでておりますしたが、治療をもっと緩やかにすることで普段の血尿はなくなりました。

以上のことから、細菌感染のない慢性血尿の膀胱炎の場合には治療を一旦中止して、月一回位のペースにて尿検査にて感染の有無をチェックする程度が猫のためにも飼い主様の負担の点から考えてもよろしいかと思います。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

こんばんは。ご連絡&お礼が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。


実は、PCの調子が悪く、どこをクリックしてもエラーメッセージが出てしまい、1日中PCと闘っていました。ようやく復活し、お返事ができてホッとしています。


あらためて、ご丁寧なお返事をありがとうございました。


今日は血尿はありませんでした。一喜一憂の日々ですが、先生のご回答を参考にしながら、今の動物病院の先生と話し合い、少しでも猫が快適な生活を送れるよう、がんばりたいと思います。


また相談させていただくこともあろうかと思いますので、その時はよろしくお願いします。


ありがとうございました!

猫 についての関連する質問