JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

乳がんの診断を1年4か月前に受けました 腫瘍が数個大きくなってなめるので膿が出てきました 部分的に何か処

解決済みの質問:

乳がんの診断を1年4か月前に受けました

腫瘍が数個大きくなってなめるので膿が出てきました

部分的に何か処置ができるのでしょうか

手術の話もありましたが 後ろ脚側の乳右左にシコリができたので手術をやめました
薬を1年飲みましたが 嘔吐の頻度が上がりやめてしまいました

食事は沢山食べます

今はまだ柱に上ったり 走ります
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まず猫ちゃんの乳がんで一年以上生きているというのはかなり長生きさんですね。
やはり、そうなると腫瘍の内部が壊死して、膿が出て来るということは一般的におおいです。
ただし、普通の健康な組織と違って、腫瘍の部分は 腫瘍自体が増えるためだけに使われてしまうので傷になったり化膿したりした部分が治るというのはかなり難しいです。

ですので、方法としては
1.完治を望むことはかなり難しいが、今の状態でこのまま化膿がひどくなって痛みなどから全身状態を悪化させるのを防ぐため、その部分を手術で切除する
2.保存療法として、抗生剤や抗炎症薬を使いつつ、消毒してガーゼを当てて服をきせる。
特にティーツリーオイルで消毒すると化膿にも臭いにもいいです。

のどちらかになると思います。
1に関してはもちろん全身状態が悪ければリスクが高くなりますが、化膿と痛みがひどくなるとかなり弱ってしまうのでやられるのも方法の一つではあります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

娘達と良く話し合います


ありがとうございました Laughing

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
お大事にしてください。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問