JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

以前に猫の下半身が急に動きが悪くなった件で質問しました。やはり一日以上経過しても、下半身の動きが悪いです。病院では原

解決済みの質問:

以前に猫の下半身が急に動きが悪くなった件で質問しました。やはり一日以上経過しても、下半身の動きが悪いです。病院では原因がわかりませんでした。六歳の猫です。 下半身の動きの悪さ以外に、半月ぐらい前から、快調だった便通が、二日に一度ぐらいになりました。おしっこは変わりありません。足は触ると振り払う感じなので、感覚はあるようです。ゆっくりと歩くことはできます。ただ最初の一歩や立ち上がる時、姿勢を変える時が大変なようです。その他に気になることは、一年ぐらい前から、お腹の下の方が垂れ気味です。病院の検査でのレントゲンでは心臓が大きいとだけ言われています。食欲はあります。素人判断になりますが、心配でネットで調べたところ、猫もヘルニアになることがあるということがわかり、ヘルニアではないかと思いはじめました。このような状態でヘルニアの可能性はありますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

再度のご質問ありがとう ございます。

猫ちゃんにも確かにヘルニアがあり、症状は腰や背中の痛みや後肢のふらつきなどになります。
その可能性もありますが、猫ちゃんにはヘルニアより馬尾症候群といわれる腰の一番後ろのヘルニアが多いです。
これの症状として、 後肢痛・しっぽの付け根の疼痛・後肢ハ行・筋萎縮・尿失禁・排便失調、ひどくなると起立困難・後躯麻痺・尾麻痺等があります。
こちらの可能性も十分あると思います。

診断にはCTやMRIが必要になりますので、全身麻酔が必要ではありますが、やってもらってもいいと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございます。何度もすみません。私のねこちゃんは保護前に尻尾の怪我で尻尾がとれてしまいました。すぐに手術をしましたが、尻尾は五センチぐらいしか残っていません。そのことと関係ありますか?短い時間ですが、足をあげてグルーミングをすることはできます。馬尾症候群だとしたら、軽度の段階と思われるでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうですか。

しっぽが短いこと自体は関係ないと思いますが、何か小さいうちに大きな衝撃を受けている場合には、それが多少影響を受けている可能性があります。

そうですね。
もし馬尾症候群であれば、まだ軽症であるとは思います。
あまり続く場合は、麻酔のリスクはありますが、一度MRIなどを考えられてもいいと思います。

猫 についての関連する質問