JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

17才のメス猫です。 2,3日前にドアに体をぶつけたりして様子がおかしいのに気づき、昨日かかりつけの獣医に見てもら

解決済みの質問:

17才のメス猫です。
2,3日前にドアに体をぶつけたりして様子がおかしいのに気づき、昨日かかりつけの獣医に見てもらったところ
もう目が見えていない状態だと診断されました。白内障や緑内障ではなく、老齢により視神経や網膜の異常だろうとのことで、これといった治療がないとのことです。 そういえば、1ヶ月ほど前の夜、片目が赤い感じがしたのですが、翌日 には直っていたので単なる充血だと思い、特に受診しませんでした。それについては、網膜はく離
による出血だったかもしれないが、その時受診していたとしても、どうすることもできなかったとの返事でした。
それ以外は食欲もあり、以前から呼吸が時々ぜいぜいする以外は年齢の割には元気な猫だったので、非常にショックを受けています。 人間なら、原因を追究してなんらかの処置をすると思うのですが、本当に、何の治療法もない状態なのでしょうか?また、目が赤いことがわかった時点で何らかの処置をしていれば、失明は免れたということはないのでしょうか?(今更いっても仕方がないのですが。。)。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

きじちゃんは17歳とご高齢の雌の猫ちゃんですね。

できれば血圧を測定することをお勧め致します。また甲状腺ホルモンの測定もお勧めします。

高齢の猫では高血圧による突発性の網膜がございます。

その原因として腎不全による高血圧や甲状腺機能亢進症による高血圧などがあります。

血圧が高すぎると網膜剥離以外にも心肥大や脳梗塞など起こしやすくなります。

今かかられておられる病院では恐らく血圧を測定できないのではないでしょうか。

できれば血圧を測定できる病院を探していただき治療されることをお勧めいたします。

血圧は当然病院で測定する場合には猫ちゃんも興奮するので1回の検査だけでは高血圧を診断できません。一般的には週一回の間隔で3回位測定して200をすべて超えていれば高血圧と診断してもよろしいかと思います。

その時に血液検査も合わせて行い、腎臓の数値やできれば甲状腺ホルモン(T4)を測定されることをお勧め致します。

それで血圧が高い場合には少しずつ血圧を下げるお薬を飲ませてあげて血圧を測定しつつちょうど適量となる薬の量を決めます。血圧測定はその後も定期的にされることをお勧めしまします。

最高血圧を160に前後に保つことで今後脳梗塞による発作や心臓への負担を軽減させることができます。

眼が見えるようにはなりませんが、猫ちゃんも楽になりますし眼が見えなくても生活はできますでの、生活を質を保つうえでも検査や治療をされることをお勧めしたします。

血圧を下げすぎるのもよくありませんので、普段から血圧測定して治療をされている病院にて診察されることをお勧め致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速の返答ありがとうございました。


血圧検査が必要なことはわかりましたが、原因が特定できなくても、もう目は見えるようにならないと言うことははっきりしているということでしょうか?


 


また、目が赤い時点で治療を受けていたら、失明は免れたということはあるのでしょうか?


 


 

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

眼については正確には眼科検査をすることが必要ですが、一般の病院でも無麻酔でできます。

反射を調べることや眼底検査、場合によってはエコー検査にて網膜の剥離は診断できます。

残念ですが時間が経っていますので、網膜剥離の場合には今から血圧を下げる治療をしても見えるようになる可能性は極めて低いと思います。

眼が赤い時に治療をしていれば網膜剥離による眼底出血の可能性がございますので、そのときすぐに眼圧を下げるなどしておられれば、もしかしたら剥離した網膜が眼底にくっ付いて視力が戻った可能性あるかもしれません。しかし出血による血餅が眼球の中にあり網膜が再び眼底に張り付くのを邪魔することもあるので、再度視力がもどる可能性は高いとは言えないとおもいます。

お話をお伺いする限りでは、網膜剥離に伴う眼底出血の可能性が高くその場合には時間がたっていることから再び目が見える可能性は極めて低いと思いますが、念のために眼科検査をしていただき今現在眼がどのような状態にあるのかを調べることをお勧め致します。

そして血圧測定や血液検査も一緒にしていただき、原因の究明と今後の治療方針をたてていただくことをお勧め致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.

詳しい情報ありがとうございました。


申し訳ありませんが後ひとつだけご質問させてください。


 


網膜はく離が原因である可能性が強いとのことですが、目が赤いのを見たのは片目だけで、私の知る限りもう片方はそのようなことはありませんでした。


昨日検査(目に光を当てる)した限りでは両方とも見えなくなっているということでしたが、こちらが知らないだけで、もう片方もそうなっていたということでしょうか?


 


また、網膜はく離等の治療は一般病院でも可能なのでしょうか?

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

確かに網膜剥離すると必ず眼底出血するとは限りません。片側の目は眼底出血があったのでしょうが、もう片方の目は見てすぐわかるような明らかなものはないのかもしれません。

これについても眼底鏡で検査したり、精度の高いエコーで調べるとこで診断できます。

眼底検査をされておられないのであれば、ぜひされることを勧め致します。

網膜剥離や眼底出血の治療は基本的には炎症を抑えたり、眼圧測定や血圧測定することで、眼圧が高い場合には眼圧を下げることや、全身の血圧を下げることで治療していきます。

血圧測定したりすることをある程度日常的に検査されておられる病院でしたら一般の病院でも可能です。眼底検査や血圧測定は専門病院でないとできない検査では決してありませんが、病院によってはその器具をもっていないなどされていなない病院もございます。

今のかかりつけ病院にて診察されたときに眼底鏡をもっていれば必ず使用されたと思います。もし眼底鏡での検査をされていないのであれば、その器具を病院に持っておられない可能性があると思います。また、猫の血圧を測定する病院もまだ数はすくないかもしれません。しかしその必要性を理解している病院であれば測定をすることはできます。

血圧測定にもそれなりの技術はいりますし、もし今のかかりつけ医の病院さんで血圧測定などできないようであればもう少し大きい病院にて診察されるのも一つの方法であると思います。

このまま無治療でいくと高血圧による失明以外にも脳梗塞や心臓病、腎臓病の悪化の要因になりますので、検査することをお勧め致します。

眼科検査、血圧測定、血液検査にて腎臓の数値、できれば血液検査の際に甲状腺ホルモンの測定、をされることをお勧め致します。

猫ちゃんがいろいろ検査して疲れるのを心配される場合には数日に分けて検査されるのでもよろしいかと思います。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問