JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫ウイルス性鼻気管炎と診断された野良の子猫を保護後飼い猫の4匹(毎年三種混合接種)にも同じ症状が出ました。 数日後

解決済みの質問:

猫ウイルス性鼻気管炎と診断された野良の子猫を保護後飼い猫の4匹(毎年三種混合接種)にも同じ症状が出ました。
数日後鼻づまりが残るものの子猫も飼い猫の3匹も食欲が戻り元気に…。
ただ飼い猫の1匹の症状が重く子猫と同じ病院で診察して頂くとクラミジア病と診断されました。
処方の飲み薬(抗生物質)と目薬を与え5日目ですが食欲もなく症状が改善されずに心配しています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

猫の鼻気管炎やクラミジアは株によってはかなり強い症状を出します。
投薬5日目であれば、そろそろ改善してくれてもおかしくない 時期です。
それで効果が出ていないということはその抗生剤に対して耐性がある可能性があります。
また、たとえお薬の効果があっても、体力が落ちてしまっていると症状の改善は見込めません。

お薬の効果がない場合はお薬を変えてもらうか少し入院が必要になることもあります。
クラミジアや鼻気管炎自体が命にかかわることはないですが、食欲を落としてかなり状態を悪くして、肺炎などに移行すると命にかかわる可能性があります。
5日で症状が改善しない場合は早めに積極的な治療をされた方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問