JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

うちのアメリカンショートヘアー(17歳8ヶ月)が、昨日まで走り回っていたのに、今日、急に右前足がおかしくなり、まとも

解決済みの質問:

うちのアメリカンショートヘアー(17歳8ヶ月)が、昨日まで走り回っていたのに、今日、急に右前足がおかしくなり、まともに歩けなくなりました。(肉きゅうの部分ではなく、第一関節の間接が地面に接地しています)動物病院に行ったらステロイドの注射と明日からの薬をもらいました。「高齢だからもう治らないかもしれない」と言われましたが、本当に治らないのでしょうか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

「肉きゅうの部分ではなく 、第一関節の間接が地面に接地しています」というのは神経の異常を示唆しています。
通常足の甲の部分が地面に着くとそれはおかしいと思い、治すのですが、神経の異常が起きているとそう感じないためにそのままにして歩いてしまいます。

前足にそのような症状が出る場合は首の神経の異常がある場合が多いです。
猫ちゃんの首の神経の異常としては、脊髄の腫瘍や梗塞、ヘルニアである可能性が高いです。
根本的な解決にはCTやMRIなどで原因を解明して、外科手術などを行わないと難しい可能性が高く、年齢的には現実的には難しいかもしれません。
ただし、ステロイドを使うことで神経の圧迫が取れれば症状の改善ができる場合が多いです。
内科治療であればやはりステロイドが第一選択になりますので、2,3日はまずはそれで様子を見て、それでも良化しない場合は積極的に検査をするのか、ステロイドを増量するのか、それともそのような状態でもうまく生活できるようにQOLを維持するのかということになってくると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

QOLとは、どういう意味でしょうか?


 


本人は歩けなくなったのが分かっていないようで、ゲージから出すと後ろ足で高い所に登って行ったりします。無理してゲージの中に入れておいたほうがいいのでしょうか?


 


また私は山形県山形市に住んでいますが、外科手術のうまい病院を紹介していただけないものでしょうか?どこにでも連れて行こうと思います。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
QOLというのは生活の質の意味で、治らない病気の場合にいかに生活の質(痛みや不自由をできるだけ少なくして快適に過ごさせてあげること)をさげずに病気と付き合っていくかということです。
人でも治らない難病の場合、慢性疾患の場合、癌の末期などではQOLを維持することが大事になってきます。

それから外科治療を望まれるのであればまずは検査が必要になります。
動物病院でCTやMRIを持っている病院は多くなく、僕が調べた限りでは山形県にはないため、一番近いので宮城県に2件あります。
また、MRIとなるとさらに少なくなり、新潟県の長岡市の新潟動物画像診断センターhttp://www.niigata-aic.com/になります。
もしが書治療を望まれるのであれば、これらの病院に相談されて、診察をうけたのち、CTやMRIを撮ってもらい、その結果で外科手術適応ということになれば手術をしてもらうという手順になります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問