JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

10歳のメス猫が下顎の偏平上皮癌になり下の犬歯は抜け落ち、日に日に腫瘍が少しずつ広がってきてる様子です。切除するのが

解決済みの質問:

10歳のメス猫が下顎の偏平上皮癌になり下の犬歯は抜け落ち、日に日に腫瘍が少しずつ広がってきてる様子です。切除するのが好ましいのでしょうか?今は抗生剤や消炎鎮痛剤、治癒力を高めるサプリメントなど与えています。食事はネコ缶などの柔らかいものしか食べられないのですが、自力で舌を使ってガツガツと力強くは食べています。毛ぐつろいしたり、バリバリ爪をといだり、走ったりとまだ普通に生活は出来ています。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

10歳の猫ちゃんで下顎の扁平上皮癌とのことですね。

残念ですが、腫瘍は内科療法では治すことができません。また時間がたてば大きくなりますし、転移も起こします。

従って、腫瘍はこのまま内科療法をつづけるといづれ肺やリンパ節への転移を起こしていくら長くても1年以内にはお亡くなりになる可能性が非常に高いです。

もしもっと長く生きさせてあげたいとのことであれば、腫瘍が下顎の歯肉の局所の場合には、すでに転移していないか確認したうえでの下顎切除が適応になります。

ただしこの場合でも機能障害が起きますし、また100%再発なしとは言えません。再発する可能性はございます。

手術するには費用もそれなりにかかりますし、術後のケアの点でも食事を食べさせてあげる必要が出てくるなど、お世話が大変になります。

あとは飼い主様がその猫ちゃんをどうしてあげたいのかによると思います。

腫瘍を切除せずにポスピス的な治療をしてあげて寿命を迎えるのまで看護されるのをお望みになるか。

あるいは再発のリスクも覚悟したうえで下顎の切除をしてあげて、食事の世話などしてあげながら障害があったとしてもなるべく長くその猫ちゃんと一緒に暮らしていきたいと思われるか。

どれが正解といえるものではございません。一旦は手術を保留されたとのことですが、

場合によっては大学病院や2次診療専門の病院、あるいは腫瘍の専門家のいる病院でより詳しく手術の方法やその後のケアの仕方などを聞いていただくことをお勧め致します。

もし手術をお考えであれば、出来る限り早めにされることをお勧め致します。

大学病院の診察の場合にはかかりつけ医の紹介状と予約が必要です。かかりつけの先生にお願いすれば予約などとっていただけると思います。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

早朝からありがとうございました。思い当たる病院があり、そこへ行ってみようと思います。

専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

ご返事ありがとうございます。

返答が遅れまして申し訳ございません。

後になってあの時こういう治療もあったのかと思われるよりも、いろいろな治療方法をよくお知りになったうえで最終的にどうするか決めていただいくほうが、納得できると思います。

私もそのきっかけとしてお役に立てれたらと思いました。

猫ちゃんは顎がなくても以外と食事を自分でできますので、手術も含め一番よいと思われる治療をしていただければと思います。

猫ちゃんをお大事になさってください。

猫 についての関連する質問