JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

うちのネコは満14歳です。毎年1回秋に予防接種に病院へ行ってるので今年も連れて行ったら体重が去年より減ってるので血液

解決済みの質問:

うちのネコは満14歳です。毎年1回秋に予防接種に病院へ行ってるので今年も連れて行ったら体重が去年より減ってるので血液検査で調べましょうと言われ検査をしたところ数値が悪く腎不全といわれました。4分の1しか機能したないといわれました。とりあえず食事療法からはじめてるのですが、あまり食べてくれず、いままでの魚の缶詰をほしがり、可愛そうなのでちょっとだけまぜてあげるとなんとか食べてくれます。 それでは療法にならないのはわかってるのですが。食欲はあるのですが好みのごはんでないので食べてくれず体重もまたおちてるみたいです。病院に相談したらこのまま体重が減るようなら月2回透析をしましょうといわれました。何やら痛そうだし、通うのも、費用も大変で、悩んでいます。このまま好きなものをたべさせて死なせてあげたほうがネコのとっては幸せじゃないかとおもっています。透析って動物にとって体力的にどうなのですか・受ける飼い主さんっておおいのですか・よろしくおねがいします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かに透析術は少し体力を使います。
その代わり、老廃物がかなり減りますので、施術後は体調や気分は一時的によくなります(これは腎臓を治すものではなく、腎臓の機能が落ちていても老廃物を下げることができるという処置にな りますので徐々にまた元に戻ってはしまいます)。

そういった事情と、人用の機械では体のサイズ的に難しいことから、猫ちゃんの慢性腎不全治療には食事療法と内服薬、それから輸液療法などが主流になっております。

一番効果的であるのは食事療法なのですが、やはり腎不全で食欲自体が落ちている子の場合は味の薄い腎不全食は食べてくれないことが多いです。
その場合、方法としては
1.療法食のメーカーを変える、あるいは缶詰に変える
 現在、療法食はかなり色々なメーカーさんから出ており、それぞれのメーカーさんに寄り、味が変わります。
 どこがいいということはないですが、その子その子で好みがあるので、サンプルをもらうなどして好みのメーカーがあればそれを与えてもらうのがいいでしょう。
 またほとんどのメーカーが腎不全用の缶詰を出しています。
 こちらを少し温めてあげるとカリカリフードよりも食い付きがいいことがあります。
2.少し他のご飯と混ぜて与える、少しだけ魚や肉の煮汁をかけてあげる
 基本的には猫ちゃんには臭いが大事ですので、今まで食べていた魚の缶詰などを混ぜたり、煮汁をかけて臭いを浴することで食べてくれることもあります。


それから、内服薬を使うのも方法の一つです。
クレメジンなどのリン吸着剤の内服薬は一般食でもある程度腎臓の負担を減らしてくれますので、それを与えるのも手です。
また、腎不全では胃酸が強くなりすぎて食欲を落とすこともあるので、ガスターなどのH2ブロッカーを処方してもらうと食欲が増してくれることも多いです。


最後に輸液療法です。
これは血管に入れる静脈点滴(最低半日程度の入院が必要)と背中に入れる皮下点滴(数分でできる、場合によっては自宅でも可能)があります。
これらは腎不全の子によく起きがちな脱水を補正するのとともに、尿生成を促進して老廃物を少しでも体外に出そうという目的の治療です。
ある程度数値を下げることも可能です。
こちらはそれほど負担が少ないので、食欲がなく、体重が落ちて行ってしまっているのであれば、やってもらうべきかと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

数分で済むと言われたので皮下点滴でしょうか、1回7000円ぐらいかかるといわれましたが本当ですか・痛くないですか・治療受けてる子多いですか・経済的にも大変です。よろしくおねがいします。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
皮下点滴は月に2回ではあまり意味のないことが多いですが、透析は数分ではないのでおそらく皮下 点滴でしょう。
それから、もちろん針をさすのでチクッとはしますが、特別負担のかかる治療ではなく、腎不全のかなりの割合の子はその治療を受けています。
皮下点滴で一回7000円というのは少し高いかと思いますが、一緒に血液検査をされるのであればそれくらいかかるかと思います。

もし費用を考えられるのであれば、検査結果を持参して他の病院でセカンドオピニオンを聞かれればもう少し安くやってくれるところはあるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません何度も、皮下点滴するときって毎回麻酔するのですか・毎回麻酔っていうのも怖いなあっておもいます、ちょっとチクってするくらいなら麻酔はいらないとおもいますが。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
麻酔はしません。
背中に針を刺してそこから点滴の液体を入れるだけですので、採血よりも簡単です。
負担も少ないので、食欲がない、脱水するなどの場合には有効な手段になります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問