JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

主人が布団の中で寝ていた、5才のねこを踏んでしまいました。その夕方、ぐったりしているので、病院に。レントゲンや血液検

質問者の質問

主人が布団の中で寝ていた、5才のねこを踏んでしまいました。その夕方、ぐったりしている ので、病院に。レントゲンや血液検査では、何もでなかったので、つれて帰りました。しかし、夜中から、嘔吐、よだれでぐったりしました。翌朝、再び病院に。すべての臓器の数値がおちていたので、入院しました。本日、二日目、脳の圧があがってるので、明日、下げる薬を投与するそうです。それでも、だめなら、移送して、MRIをします。全身麻酔で。これをして、そのあと、助かる見込みは、あるのでしょうか。ほかに方法は?
助けてほしいのです。猫と主人のためにも。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

より正確な解答ができるよう、血液検査の数値や症状の変化などもう少し詳しく教えていただけますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

17日 と18日で大きく変わるものを書きます。本日の分は、もらっていません。

WBC 11000から13400

IYm 1800から1100

 gr 9200から12300

GPT 178から 353

BUN 35から40

TP 6.6 から 8.0

Glu191

CPK 447から563

症状の変化

昨日の朝7時頃に踏まれる。主人の体重80k プリンちゃんは、3.15k その後、何度も吐く。あわじょうのもの。夕方 に病院でレントゲンと血液検査、この時、心臓がかなり小さくなってるとは、医師がいっていた。とりあえず、点滴。つれてかえって、夜中3時頃、吐く。よだれをだらだらと出し、ぐったり。病院につれていくと昨夜の医師がお休みだったので別の医師に。そこで、血液検査、入院で本日、見舞いに行くと、吐く、よだれがだらだら点滴を受けている。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

貧血はありませんか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
貧血は、ありません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

貧血は、ありません。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

確かに臓器の数値は上がってはいますが、それほど状態を悪くするほどの数値ではありません。
おそらく一番は脳自体の異常でしょう。
昨日数値がそれほど悪くなかったのに状態が悪かったのもそのためでしょう。

脳の状 態は確かにMRIをとらなければわかりませんが、踏んでしまったということからはやはり脳出血や脳挫傷に伴うものだと思います。
まだ急性の状態かと思うので、脳圧を下げる治療とステロイドなどによる脳の保護の治療で回復する見込みは十分あります。
基本的には今の治療を続けていかれるのが一番かと思います。

猫 についての関連する質問