JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5268
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

生後8カ月のオス猫で、11/9に去勢手術を実施しました。その2~3日前よりよく右回りに回転することが多くなりました。

解決済みの質問:

生後8カ月のオス猫で、11/9に去勢手術を実施しました。その2~3日前よりよく右回りに回転することが多くなりました。最近では、足腰がふらつき歩行も以前に比べ格段に衰え、かかりつけの病院にて受診したところ検査しなければ何とも言えないがコロナウイルスによる感染、若しくは、脳に疾患があるかもとの診断でした。以前、本で読んだのですが、ビタミンB等の不足でも右回りのような症状が起こる事があると書いてあったのですがどうでしょうか。尚、食欲はあります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.

はじめまして 質問ありがとうございます。
診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問や さらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

原因として考えられるのは脳疾患である可能性がかなり高いでしょう。
猫伝染性腹膜炎(FIP)が脳炎を 起こしている可能性が高いでしょう。

FIPウィルスは腹水や胸水、腸炎による下痢、多臓器不全、脳炎など様々な
症状を出します。TPが高いことや脳の症状から間違いなくFIPウィルスに
よる脳炎とそれに伴う水頭症でしょう。

治療法はステロイド、抗生剤、利尿剤です。
ステロイドで脳炎の炎症を抑え、抗生剤で感染予防、利尿剤で脳圧を下げる
などが治療になります、
MRI検査で何例もみていますので間違いないと思います。
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問