JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5478
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

11歳になる猫が二週間入院しています。きっかけの症状は一日中寝込んだようになり、息遣いも荒くなったため急診で診てもら

解決済みの質問:

11歳になる猫が二週間入院しています。きっかけの症状は一日中寝込んだようになり、息遣いも荒くなったため急診で診てもらい原因が分からないとのことでそのまま入院。その後前足の付け根にかまれたような跡があるのを発見し(基本家猫ですが日中は外にも出しているので、テリトリーが重なる猫とけんかしてくることはままありました)、そこにピンポン玉大の大きな炎症があり(膿が溜まっていて)、そこが原因ではということで手術で膿をだし、縫合して様子を見ようとなりました。(入院してから2~3日程度経過。)
し かし具合は良くならず、血液検査を毎日行っていますが、白血球の値が低く、肝臓の数値も悪いまま推移とのこと。点滴を常時行っていますが数値に変化はなく改善されない。数日後再度傷口を確認すると、奥にまだ膿が溜まっていることが分かり再手術。同時に傷口から病原体を採取し検査に。現在行っている抗生物質があっているか調査。結果はあっているとのこと。しかし数字の改善が見られないまま二週間ほどが経過しています。
ドクターからは絶望的な発言もありますが、ここ2~3日は食事をするなど、行動に変化は出ています。処置や検査などやり尽くしているが検査結果が一向に良くならない、なのでもう駄目だと言われていますが、この状態を打破するにはどのようにしたら良いのでしょうか?別の治療方法があるのであれば転院させて治療をしたいのですが。
長文で申し訳ありません。何卒アドバイスをお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
質問ありがとうございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もあることを御承知ください。
追加でお聞きになりたいことや情報があれば随時書き込みをして
お問い合わせください。

何故治癒しても治癒しない、膿が溜まるのかは
原因としては免疫不全に陥っているためです。

原因としては
 ①腫瘍が体の何処かにあり、そのために栄養や体力が奪われ免疫力が低下して
 再度感染を起こしやすくなっている。
 

 ②猫エイズや猫白血病、猫 伝染性腹膜炎ウィルスに感染して発症している。
 レントゲン検査や超音波検査、猫伝染性腹膜炎ウィルス(コロナウィルス)、猫エイズウィルスや猫白血病ウィルス、免疫異常を 検知する抗核抗体検査が必要です。

 猫エイズや猫白血病、猫伝染性腹膜炎などの病気が発症しているとこれらの病気は治りません。
 最終的には亡くなる可能性が高いでしょう。

対症療法としては抗生剤以外に免疫力を高めるインターフェロン
腫瘍があれば腫瘍に対する抗がん剤治療などが治療法になるでしょう

他に質問はありますか?

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
かなり難しい状況だとは思います。

腹部超音波 検査や猫のエイズ、猫白血病、猫伝染性腹膜炎は負担をかけずに
できますから早急に行ってもらって診断をしてもらいましょう。

これらが出来ないのであれば別の病院で上記の検査をしてもらうことです。

これくらいの検査ができる病院ならもう少し検査や治療を積極的に行ってくれる
でしょう。

かなり厳しい状況ですが今の治療に納得していないのであれば早急に
セカンドオピニオンを受けてみるべきでしょう。
単に診断が違っていて、抗生剤を別のものを使うと良くなる可能性もあるので
あきらめずにがんばってみてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

レントゲンと超音波は初期の段階で行い、異常がないとの結果でした。あと、エイズ検査かどうかはっきり覚えていませんが、何かの検査をするために脊髄から検体を取らないといけなく、そのためには全身麻酔が必要で、肝臓か腎臓どちらの数値も悪いため行えないと言われました。


ご指摘の検査はほかの方法でも行えるのでしょうか?

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
猫のエイズなどの検査は血液検査で可能です。

髄膜脳炎を疑って脊髄液の採取をすることを言っているのだと思います。

また慢性腎不全や肝炎でも免疫不全症に陥る可能性はあります。

かなり難しい病気の可能性があるので大学などの2次診療施設を紹介してもらって
早急に見せた方が良いでしょう。

どちらにお住まいですか?
質問者: 返答済み 5 年 前.


東京都国分寺市です。

質問者: 返答済み 5 年 前.


続き


 


東京都国分寺市ですが、都内全域、近隣であれば他県でも行きますのでお願いいたします。

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
抗核抗体検査(免疫異常を調べる)も 血液検査で出来ます。

レントゲン検査や超音波検査で異常が見えないようでも
実際に肝臓や脾臓を針で刺す検査をすると腫瘍が見つかることがあります。

針で刺す検査は麻酔なしでも行えるますが、超音波検査が得意な病院で
猫ちゃんが暴れなければ可能です。

どちらにせよ近くの日本獣医生命科学大学や2次診療専門の日本動物高度医療センター
などを紹介してもらってセカンドオピニオンを受けるべきでしょう。

日本獣医生命科学大学
http://www.nvlu.ac.jp/universityinstitution/amedical/index.html/

日本動物高度医療センター
http://www.jarmec.jp/
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.


ご回答いただきありがとうございました。早速ドクターとも相談の上、なんとか良い結果になるよう尽力したいと思います。


すがる思いですが何か追記があるようでしたら、どんなことでも構いませんので頂けるとありがたいです。


ありがとうございました。

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
とりあえず検査をしたか聞いて見ましょう

質問者: 返答済み 5 年 前.


昨夜ドクターから今後の治療についてご意見を伺いました。白血病とエイズの可能性はないそうで、今後はステロイドの投与を続けていくとのことです。


セカンドオピニオンのことは昨夜は話をしませんでしたが、こちらでご意見いただいた通り転院をするつもりでいます。ただ、土日を挟むのでどうしようもないのかなと思い転院の話をせずにいましたが、ステロイド治療を開始するとなるとこの場合、いち早くセカンドオピニオンの話をしなくてはいけないでしょうか?


また、ステロイド治療はどうしたらいいでしょうか?

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.

ステロイド治療を開始してからでも大丈夫だと思います。

反応をみてから相談してはいかがでしょう。

本人を動かすことも大変ですから

猫 についての関連する質問