JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

18歳の雌猫です。 1年ほど前から、ひきつけの発作を起こすようになりました。 手足を不自然に伸ばしたり曲げたりし

解決済みの質問:

18歳の雌猫です。
1年ほど前から、ひきつけの発作を起こすようになりました。
手足を不自然に伸ばしたり曲げたりして、唸り声をあげてい ます。発作と同時におしっこや便をこぼすこともあります。
以前は、発作を起こすと、食事もとらず1ヶ月ということもありました。
今、発作を起こして1ヶ月になりますが、いつもの半分ですが食事も水もとります。おしっこも自分で行きます。庭に出る事もあるのですが、発作の回数がとても多く、ひっきりなしという感じです。
引っ越しがきっかけだと思います。病院で診てもらいましたが、精神的なことだということで、薬も何ももらえませんでした。年齢のこともあったので静かに見守っていますが、見ていられないというのが
今の気持ちです。
楽にしてやれるのならなんとかしてやりたいと思います。
どうぞ、よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

年齢的には脳腫瘍などがあってもおかしくありませんが、一年という経過ということを考えると腫瘍にしてはながいので、確かに精神的なものによるてんかん様発作は疑わしいですが、それ以外にも脳出血や脳挫傷などによる過 去の脳のダメージによっても発作を起こすようになります。

原因をさぐることは難しいですが、てんかん様発作(これは厳密にいうと真性てんかんとは異なります)の症状を抑えるためには、抗てんかん薬を使うことが多いです。
これを使うことで原因治療をできるわけではないですが、てんかん様発作を抑えることができます。
ただし、ある程度肝臓に負担がかかりますので、高齢ですし,あまり高用量は使えませんし、肝臓や心臓、腎臓などが少し弱っている場合には、少し副作用に,注意して使う必要があります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

素早い回答ありがとうございます。


以前、病院で診てもらった時、安定剤のような薬があるが眠ってしまうので、高齢の猫には危険なので飲ませられない、と言われました。


このてんかんの薬も眠ってしまうのでしょうか?


それでも、発作が抑えられ楽になるのでしたら、飲ませてみるのもいいかもしれませんね。


その病院では、てんかんの薬はすすめてはくれませんでしたが、お願いしてみてもいいのでしょうか?


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
はい、おそらく同じものあるいは同じ種類のもの になります。
確かにおっしゃる通り、若いこと同じ用量で使うと鎮静作用が出てしまうことがあります。

18歳というのはかなり高齢ですし、最初は通常量の半量以下からスタートする方がいいと思います。
それで鎮静作用や低血圧が出なければ、しばらく様子を見て発作が出る場合に少しずつ用量を増やして行くことになります。

上にも書きましたが、肝臓や腎臓、心臓の検査をしてこれらに異常がないことを確認しておく必要はあります。

また、頼んで見ることは全然悪いことではないです。
ただし、出してくれるかどうかは先生によって違うので、場合によってはセカンドオピニオンを聞きにいかれた方がいいかもしれません。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問