JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1箇月半ぐらい前からひどい鼻炎で体重も4,4キロから3,2キロに減ってしまいました. 動物病院で3回ステロイドと抗

解決済みの質問:

1箇月半ぐらい前からひどい鼻炎で体重も4,4キロから3,2キロに減ってしまいました.
動物病院で3回ステロイドと抗生剤の注射を受け、数日後には少しよくなりますが2日ぐらいでまた元の状態です。ステロイドで一旦良くなるということでリンパ腫ではないという結論です。
強いステロイドもそう連用できないということで、今は様子見です。
あまりに苦しそうなので人用の鼻炎の薬を体重相応に減らして飲ませてみましたが効果はありませんでした。
良い薬または方法はないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

現在何歳の子ですか?
以前から猫かぜや鼻炎はもっていましたか?
外から触ったり見たりしてどこか鼻のあたりで腫れているところはありませんか?

もう少し情報をよろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

現在4歳です。


以前の病気はありません。


猫白血病、エイズウイルス陰性です。


腫れているところもありません。


鼻づまりがひどいです。


くしゃみも連発しています。


要するに動物病院で見てもらって鼻炎以外に異常はないということです。


ステロイドで一旦よくなりますので、リンパ腫の可能性は薄いということで生検はしていません。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

まず、ステロイドが一時的に効く=リンパ腫ではないということは言えませんが(リンパ腫でもステロイド単剤に反応するものもありますので)、年齢的にはリンパ腫にしては比較的若いので、確かにリンパ腫の可能性は低いのではないかと思います。

それから猫ちゃんの鼻炎に関してはかなり難治性になることも少なくありません。
一般的な治療方法としては抗生剤、抗炎症剤の飲み薬になりますが、それで効果がない場合はネブライザーによって直接鼻粘膜にお薬を効かせる方法もあります。
また、全身的なステロイドに関しては長期的に考えるとあまりよくないので(短期間使う分には一番し っかりした効果が出てくるので有用ですが)、その害を抑えるために点鼻薬でステロイドや抗生剤を使うこともあります。
ネブライザーは局所にお薬を使うことができるので、お勧めの方法です。

ただし、これらをしても難治性になることがあります。
その場合はCTを撮って本当に原因が炎症だけなのか、それとも腫瘍が存在するのかをみるとともに、その時に同時に鼻の奥の方から細菌培養をして効く抗生剤を決めることも必要になります。
それだけ体重減少をしている場合はあまりいい状態とは言えませんので、できるだけ早めに上にあげたような治療を試されるあるいは大学病院などの二次病院でCTや検査をしてもらった方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問