JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

1歳半のスコティッシュホールド(立ち耳)のメス(避妊済み)を飼っています。離乳の時期から定期的に、便に血の筋のような

解決済みの質問:

1歳半のスコティッシュホールド(立ち耳)のメス(避妊済み)を飼っています。離乳の時期から定期的に、便に血の筋のようなものが入るようになり、時々下痢の症状も見られます。獣医師に診ていただき何度か薬を呑ませましたが、しばらくするとまた便に血が混ざります。ここ数週間は、ビオフェルミンを少量餌に混ぜて食べさせて、少し改善されたようです。いま心配しているのは、先天性の疾患です。もしそうであれば、飼い主としてどのような対処が必要でしょうか? 食欲は正常で、よく遊び、体重は平均より少し多め。毛づやもいいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

1歳半のスコティッシュで避妊済みで便に血がつくことがあり、たまに下痢ということですね。

今現在どのようなお薬をお飲みになられているのでしょうか。ビオフェルミンということでしょうか。

便に血が着く場合には、まず便が硬いために大腸といって肛門に近い便をためておく腸管が便の通過時に傷つけられて粘膜がはがれ出血するという可能性があります。

また、便自体は問題はないが腸管(大腸)に自体に問題ある場合もあります。炎症性腸疾患(自己免疫疾患みたいなもの)とか食物不耐性(アレルギー)によるものがそうです。

また、ジアルジアやその他の寄生虫感染が原因のこともあります。

検査の進めかたは感染がないかどうか便検査を繰り返し行うことやジアルジア(原虫)感染の検査をしていくこと、そして感染の可能性がないのであれば、食物不耐性を疑いお食事をヒルズのz/dやロイヤルカナンの低分子プロテインにしてみる。(2-3か月それのみ与えるてみる必要があります。)

あるいは、血中のTLIや葉酸の濃度を測定する。(ただし膵外分泌不全やビタミンB12欠乏の可能性は低い思いますが念のためです。)

これらの検査や療法食による治療でも改善が見られない場合には最終的には内視鏡検査を受けられて腸管の粘膜を調べられることをお勧め致します。ただし、内視鏡検査は麻酔の必要もありますし、今現在猫ちゃんが痩せているとか食欲不振があるなどの緊急性がないのであれば、麻酔なしでできることをしっかりされた後に行うことをお勧め致します。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ヒルズやロイヤルカナンを試しましたが、あまり効果がありませんでした。いまは「ナチュラルバランス オリジナルウルトラ」(原産アメリカ)です。これにしてから半年ですが、症状は少し改善されているようです→軟便が少なくなった。寄生虫感染はないと獣医師に言われました。炎症性腸疾患について教えてください。免疫疾患だとすると、治療法などはどうなるんでしょうか?

専門家:  issafd3s 返答済み 5 年 前.

ご返事ありがとうございます。

炎症性腸疾患とは、免疫系の細胞のリンパ球などが炎症などないのに腸粘膜にでてきて、炎症が起きていると勘違いする病気です。その結果腸粘膜が荒れて便が通過するときに粘膜が剥がれてしまい便の周囲に血やゼリー状の粘膜が付着します。

ただし、診断するには腸粘膜のバイオプシーによる採取、これには麻酔が必要です、をして病理検査をして診断する必要があります。従って、可能性が疑われた場合には治療してみてその効果により仮の判定をすることもあります。

治療は過剰な免疫を抑制するためにステロイドや炎症を抑える効果のあるお薬を使用します。できれば、麻酔をかけて内視鏡検査で腸粘膜を採取して病理の専門家にみていただいてからお薬を使うことをお勧めさせていただいております。

また、猫ちゃんの難治性の下痢の場合には確かにもう少し大きくなると自然に治る場合にもございます。

血便の回数や下痢の回数がどんどん増える場合はべつとして、間欠的に症状が出る場合には、感染症の可能性が除外できて、食事の変更をしていただき、先生の使われている整腸剤をしようしつつ様子を見るという選択肢もあると思います。

 

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問