JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めて質問させていただきます、よろしくお願いします。 猫の舌の腫れ物についての質問です。 日本猫(茶トラ)・雄・

解決済みの質問:

初めて質問させていただきます、よろしくお願いします 。
猫の舌の腫れ物についての質問です。
日本猫(茶トラ)・雄・年齢が17歳です。
今年9月半ばごろからドライフードが食べれず、水も飲み辛そうになり、口の左側からよだれを垂らして、前足で口をこするような仕草をするようになりました。
近所の獣医さんに診てもらったところ、原因不明の腫れ物が舌の左下側にできていて、血液検査では白血球の数値が高くなっていますと言われ、血圧も高いので、抗生物質と血圧降下剤を処方してもらいました。
毎週診察に通って同じ薬を飲ませていますが、症状は改善せず、腫れ物は大きくなっているようです。
最近は舌を使うことが出来ないため、水も飲みにくく、高齢猫用の介護食も飲み込めなくなってきて、体重も減りガリガリに痩せてきました。
食欲はまだ有るので、何とか栄養を摂らせてやりたいのですが、良い方法を教えてください。
また、抗生物質を飲ませ続けるしか治療の方法は無いのでしょうか?
17年間一緒に暮らしてきた家族です、とても心配しています。
どうかよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

お話を聞く限りではおそらくそのできものは腫瘍である可能性が高いかと思います。
ですので、根本的な解決のためには手術しかないかと思いますが、年齢的なもの(麻酔のリスク)と場所的なもの(おそらく完全に切除することは難しいかと思います)から手術は悩むと ころではあります。
ただし、内臓(心臓や腎臓、肝臓など)がまだしっかりしていて、減容積のための手術(完治を望むものではなく、今邪魔している腫瘍をとにかくできるだけ小さくして食べるのに支障のない状態にすること)であれば場合によっては可能かもしれません。
ただし、そのためには内臓の状態がよく麻酔のリスクがそれほど高くないことと、腫瘍の種類によっては数週間でもとの大きさに戻ってしまう可能性があることを頭にいれておく必要があります。

手術以外の方法としてはお薬になりますが、口の中にできる腫瘍で抗がん剤の効果があるものはあまりなく、もしお薬を使うとすればステロイドなどの抗炎症薬などで炎症を抑えてできるだけ腫瘍の腫れを抑えるということになります。
おそらく症状からは痛みや違和感、痒みの炎症症状があると思うので、ステロイドを使うことである程度症状を抑えることは可能ではないかと思います。

それから高血圧や体重減少に甲状腺機能亢進症が関わっている可能性が高いかと思います。
もちろんこれは腫瘍の原因にはなりませんが、これがあるせいで高血圧や体重減少がおこり、どんどん、状態が悪くなる可能性があります。
血液検査で比較的簡単に診断でき、お薬でコントロール可能ですので、一度こちらは調べておいてもらうのはいいかと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問