JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

推定5か月の子猫の右目が、左目に比べて倍以上の大きさです。先天性らしく、目は見えているようです。先ほど病院で、もしか

解決済みの質問:

推定5か月の子猫の右目が、左目に比べて倍以上の大きさです。先天性らしく、目は見えているようです。先ほど病院で、もしかしたら、この先もっと大きくなる可能性があるといわれたのですが、精密検査を受ければ調べる事は出来るのでしょうか? 又、もし手術するとしたら、眼球を取り除くことになるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

目の大きさが倍ということですが、それは眼球自体でしょうか?
それとも目の周り(結膜=赤い膜)が腫れていますか?

もう少し情報をよろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.


眼球自体が大きいようです。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

先天的なものの種類にもよりますが、眼球自体が大きい場合には手術で摘出することになると思います。
眼球自体が大きいものを手術でどうにか小さくするのは不可能ですので。
ただし、たとえば先天的な緑内障(眼圧があがって いて目が飛び出して見える場合など)は義眼をいれることで眼球を残して手術ができます(ただし、そちらの目の視力は確保できません)。
緑内障であれば視神経がまだ生きていれば点眼薬でコントロールできる可能性があります。

ですので、もしできるだけ視力を残しつつうまくコントロールできる方法を探りたいのであれば眼科の専門医にできるだけ早く行かれることをお勧めします。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問