JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

先ほど、17歳になる愛猫が急に痙攣をおこしました。初めてです。すぐに症状は治まって今は私の膝の上で何事もなかったよう

解決済みの質問:

先ほど、17歳になる愛猫が急に痙攣をおこしました。初めてです。すぐに症状は治まって今は私の膝の上で何事もなかったようにしております。病院に連れて行ったほうがよいでしょうか? 高齢になるとこのような症状はあるものでしょうか?食欲もあって元気なのですが・・・
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まず痙攣が起こるというのは高齢になったからではなく病的なものがあるからです。
痙攣の原因は大きくわけて
1 代謝性:腎不全や肝不全など老廃物が体にたまる、あるいは低血糖など血液に異常が起きておこるもの
2 心臓性:心不全などにより、脳の低血流、低酸素をおこす
3 脳:脳腫瘍や脳炎、脳梗塞など脳自体の異常
となります。
この中で元気も食欲も変わらないという場合には、代謝性のものの可能性は低いので心臓か脳の どちらかになります。
とりあえず今はストレスや負担を与えないように安静にして静かにしてあげているのがいいでしょう。
脳の異常の場合は、治療がかなり困難になることはありますが、やはら病院に行ってもらい何か治療ができるものは治療をしてもらった方がいいですし、次に痙攣が起きた時はかなり長いこと続いてしまうこともあるので、いざという時に使える抗痙攣剤をもらっておいた方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

補足に書き入れておりませんでしたが、3年前から慢性的に肝臓の数値が悪くウルソ錠を飲ませております。数値は正常ではありませんが、食欲もあって元気に過ごしており、定期的な血液検査を受けてます。昨年位から大声で鳴くようになりました。これは、老化現象だとかかりつけの獣医師に言われております。今年になって腎臓の数値も悪くなっております。このことが原因とも考えられますでしょうか?何度も申し訳ありません。痙攣をおこす直前に私が大きな音を立ててしまったのが原因とも考えられますでしょうか?何度も申し訳ありません。

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがと うございます。

肝不全や腎不全が悪化してということも考えられますが、その場合は通常、状態の悪化(元気、食欲の低下、嘔吐)を伴います(老廃物がかなりたまるせいで痙攣を起こす場合はかなり気分が悪くなりますので)

それから、大声でなくようになっていた場合にはもともと甲状腺機能亢進症があった可能性はあります。
この病気は代謝が高まるせいで食欲があっても体重が減る、毛がゴワゴワになる、夜泣きをするなどと共に血圧が上がり腎臓や肝臓に負担をかけるため、これらの数値が上がることも多いです。
また、腎不全でも甲状腺機能亢進症でも高血圧になるため脳出血を起こしやすいです。
それで驚いたひょうしに痙攣を起こしたということは考えられます。


とりあえずしばらくは安静にしておいて、やはり念のために今日中に病院に行かれた方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

甲状腺機能亢進症も定期的に検査しておりますが異常はいつもありません。


死んでしまうのではと、心配で何も手につきません。


かかりつけの病院が開くまで5時間あります。


 


どこか救急病院を探した方が良いでしょうか?


 


このような症状が出ても生きていける望みはありますでしょうか?


 


私の方が死んでしまいそうになるほど心配です・・・


これで質問は最後にしますので、ご回答お願い致します。


申し訳ありません<(_ _*)>


 

専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
今落ち着いているのであれば無理に動かすよりは明日の朝まで安静にしてあげた方がいいです。
もし近くに夜間病院があるのであれば行かれてもいいですが、単発の発作のことも多く、今は刺激しない方がいいと思います。
発作は症状は劇的ですが、中毒などでなければ急に亡くなってしまうことはほとんどないです。

発作は単発で終わることもあるので、まだ一回発作が起きたからそれほど長くないということはないです。
まずは原因を調べてもらいそれにあった治療をしてもらうことが長生きにつながります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問