JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

すみません。。 12歳の雄猫が1週間前10/28・29と何も食べず、29日に獣医さんへ。。 かなりの脱水症状

解決済みの質問:

すみません。。
12歳の雄猫が1週間前10/28・29と何も食べず、29日に獣医さんへ。。

かなりの脱水症状と、数値の高い腎不全。多分慢性と。血液検査もして、29日から1週間様子を見つつ、毎日、注射と水分点滴を打ちに、通院して居りました。
一向に飲まず食わず、口に 少し水を付けても、口をガクガクさせ、飲み込めない様子。。
獣医さんも、無理にあげると、戻して、体力消耗と。。
そして、めどの、本日5日、1週間目。
再度血液検査。。
かなりの黄疸が出ているとのこと。。腎臓の数値は、24?と比較的通常に近くなったが。。
全く食べない、飲まないなので、厳しいとのこと。
はっきり言ってもう1週間持つかな?。。と。明日からは、もう病院も行きません。獣医さんも、ストレスを考えると、もう家でゆっくりでさせてあげてくださいと。
無理せず、お水や、エサはやってみてくださいと。。
もうこの状態は末期との事。。明日から、病院も行かないので、確実に脱水症状になることは目に見えてます。。死を待っているようで。。。仕方ないのですが、何もこの状態では、出来ないのでしょうか。。明後日は脱水症状だと思います。そして、今日から、数日で寿命を迎えるのでしょうか。。。信頼できる獣医さんには見ていただいたと思います。。でもいても立ってもいられません。。皆さんこう言った状況を乗り越えてらっしゃるのでしょうか?
無理にでも、口の横から綿棒などで、水を垂らしてあげて。。。でも吐いてしまう??
撫でてあげて、ゴロゴロとずっと言っております。無理に口にいれず、何も与えず、ずっと撫でてあげて、ゴロゴロと言ってる状態のまま、寿命を待つのが良い気もしますし。。一体どうしたら良いのでしょうか。。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

かなりお辛い状況ですね。
ただ、腎臓の数値(おそらくBUNだとおもいますが)がそこまでさがったのであればまだ期待はもてます。
おそらく食べてないせいで肝リピドーシスを起こして黄疸になっている物と思えます。

腎不全のときにカリウムがさがって筋肉や腸の動きが悪くなって食べれないことが多いですがカリウムは測ってもらっていますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
すみません。肝臓の数値も上がっているとのことで。。カリウムの数値までは、ちょっと、覚えてません。カリウムとかは、言ってなかったように思いますが。。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
そうですか。

腎不全のときの食欲不振や嘔吐はもちろん腎臓の数値自体が上がっていることによるものもありますが、低カリウム血症により、腸の動きが異常に悪くなることもかなり影響していることが多いです。
腎臓の数値がさがっても食べない場合にはこれなわ影響していることは多いです。
点滴でカリウムを補充してあげることでかなり食欲や元気が戻ることが多いです。
頭を垂れている姿勢を取ることが多い場合、あるいはふらつきやヨタヨタ歩きがある場合はかなり怪しいです。

それから猫ちゃんは口からものを入れないと、代謝の関係で肝臓を悪くしてしまうという特徴があります。
おそらくそのせいで強い黄疸が出ているものと思えます。
とにかく少しずつ食べさせることが必要です。
ニュートリカルなどのチューブに入ったペースト状のご飯は栄養も豊富でカリウムも高いので、できればそれらを買ってほんの少しずつ口の横から舐めさせてあげた方がいいです。
嘔吐があるときは食べさせないのが基本ですが、今の状態ではたべさせないことにらどう使用もないかとおもいます。

慢性腎不全な治りませんが、腎臓の数値がそこまで下がったのであれば肝リピドーシスをなんとかすればまだ長生きができる可能性は十分あります。

厳しい状況でありますが、大きめの病院で受診されることを強くオススメします。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問