JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫の後ろ足のケガについて 実家で飼っている猫が2日前からいなくなってしまい、本日11月5日夜10時ごろ発見されまし

解決済みの質問:

猫の後ろ足のケガについて
実家で飼っている猫が2日前からいなくなってしまい、本日11月5日夜10時ごろ発見されました。
今この文章を 書いている自分は実家に住む母から電話にて伝え聞いたのみです。
実家の車の往来がかなりある道路の反対側にある、空き地に材木が積んである場所で、うずくまり、鳴き声を上げていたそうです。

後ろ右足が腫れているが、冷たくだらんとしている。
見た目に外傷は無い。
自力で立ち上がることができない。
何も食べようとしない

母は交通事故を疑っています。
田舎なもので動物救急外来などがなく、明日母が朝一で病院に連れて行くそうですが、それまでに考えられる救急処置は何かありますでしょうか。宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

それは大変でしたね。

確かにその症状であれば交通事故あるいは何か重いものに挟まれたなど強い外相が加わった可 能性が高いです。
複雑骨折などをしているかもしれません。

本来痛みがある場所は冷やすのが一番なのですが、体温より冷たくなっている場合は冷やさない方がいいです。
とにかく段ボールなどに入れて絶対安静ができるようにしておいてください。
その際、患肢が下になってしまうと変な体勢を取って余計に負担がかかるので、必ず患肢の上に体重がかからないようにしてあげてください。

それから交通事故の場合、お腹の中で出血をしていたり、膀胱が破裂している、気胸を起こしているなどのことがあります。
その場合はお家でできることというのは安静にしてあげる、体温が下がらないようにタオルを敷いてあげたり、温めてあげたりする、舌の色が白っぽかったり紫っぽい場合には酸素スプレーがあればそれで酸素テントを作ってあげるということになります。

ご飯は食べなくても問題はないので、数時間おきに少し温めたポカリスエットなどのスポーツドリンクをあげて、脱水を防いだり、糖分や電解質を補給してあげてください。
また、飲んでくれるのであれば肉や魚の煮汁をあげてもかまいません。


とにかく明日の朝まで安静にして体温を下げないことと脱水させないことを考えてあげてください。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問