JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

同じ猫が、今日、朝は普通に食事を摂り、寝ていましたが、午後になって、ふらついていたので、最初は右後ろ足がきかないのか

解決済みの質問:

同じ猫が、今日、朝は普通に食事を摂り、寝ていましたが、午後になって、ふらついていたので、最初は右後ろ足がきかないのかと思っていましたら、だんだんと、右にしかいけなくなり、体が右に傾いて立ち上がれなくなりました。年齢も17歳以上と思われ、入院などさせたくないので、なんとか家でみてやりたいのですが、このままでは危険でしょうか? もう一匹も入院中なので、経済的にも厳しい状況です。どうしたらいいでしょう?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。
すみません、前回の先生と違いますので、前の質問を読ませていただきました。
同じ猫というのは、目が見えず耳も聞こえないという猫ちゃんでよろしいでしょうか?
右にしかいけないというのは、前庭疾患という三半規管の問題か脳腫瘍が原因だと思います。おそらく前のご質問を読ませていただくと脳腫瘍の可能性が高いかもしれません。
このまますぐに悪化するということはないと思いますが、もし病院に連れていけないのなら、いろいろとものにぶつかって怪我するのが一番危ないのでできれば、柔らかいタオルや毛布で周囲を囲ったゲージや段ボールなどに入れておいた方がよいと思います。
そうしないとこのままくるくる回り続けて、いろんなところを打ってしまう可能性があります。
また、立ち上がれないようでしたら、低反発のクッションなどに寝かせて床擦れなどができないようにこまめに寝返りを打たせるようにしてください。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問