JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

昨日、獣医さんで猫(9歳)のシャンプーをして頂きました。シャンプーは初めてです。朝10時に連れて行き、18時以降

質問者の質問

昨日、獣医さんで猫(9歳)のシャンプーをして頂きました。シャンプーは初めてです。
朝10時に連 れて行き、18時以降に迎えに来てくださいと言われたので
そのようにしました。
帰って来てからの様子が変なのです。
ご飯、水を飲まず、ずっと寝ています。
オシッコは帰って来てすぐにしました。その後は多分夜中に1回(少量)したきりです。
幼い頃結石が出来やすいと言われ、療養食を食べています。
かかりつけの獣医さんでシャンプーしてもらったので、その旨は伝えていません。
普段もオシッコの回数は少ないのですし、昨日飲まず食わずなので出ないのかなとも思いますが、
朝からずっと寝ているので不安です。
このまま水もご飯も食べず、寝かせたままで大丈夫でしょうか?
また、飲ませたり食べさせた方がいい場合、どのような方法であげれば良いでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

一番可能性の高いのはシャンプーでストレスがかかったため、飲まず食わずの状態になっているのではないかと思いますが、場合によってはそれで病的な状態になることがあります。

一番怖いのはストレスにより、肺水腫を発症することですが、呼吸がはやい、荒い、口をあけて呼吸しているなどはないでしょうか?

また、尿量が少ないのはおっしゃる通りのま ず食わずのせいで水分摂取量が少ないせいだと思います。
もし、トイレには何度も行くがほとんど出ないということを繰り返している場合は尿路閉塞を起こしている可能性があるので、肺水腫の疑いがある場合と同様、今日中に病院へ行ってもらう必要があります。

もしこれらのことがなさそうであればまずは少しいつものご飯以外のものを上げてみてください。
本来は結石ができやすい子にはお肉などはあまりあげない方がいいので、一番いいのは病院やショップなどで結石用のご飯の缶詰をかってくることです。
それを温めることでにおいを出して、それを鼻さきにつけてあげると少しずつ食べてくれることが多いです。
それでも駄目な場合はご飯に少しまた旅をかけると、眼の色を変えて食べてくれることが多いので、それを試してもいいでしょう。
それでも食べてくれない場合はシャンプーが関係ある内にかかわらず、何らかの病気を発症している可能性があるので、病院で診てもらった方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
麻酔が切れていない可能性はありますか?麻酔の種類はわかりませんが、尿があまり出ていないこととの関係性はあるのでしょうか?
また、呼吸が早い、荒いといったことはなく、口を開けての呼吸はしていません。
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
麻酔をかけてシャンプーをされたのですね。
そうなると話は少し変わってきます。

麻酔がまだ少し残っていてボーとしている可能性はあります。
ただし、どのような麻酔を使ったにしてもすでに丸一日たっており、少しずつ動きがよくなって来るのが普通です。
麻酔に寄りまだ血圧が低いという可能性もありますが、それが続くのはよくはないです。

それから尿が少ないのも麻酔と関係が高いでしょう。
上にも書きましたが、麻酔中、麻酔後は血圧が低くなるので、腎血流量(腎臓への血流)が少なくなり、尿量も減ります。
ただし、あまりに腎血流量が下がると急性腎不全を起こす可能性があります。
特に腎臓が弱っている子、腎不全の予備軍の子(血液検査で腎臓の数値が上がってくるのは腎臓の機能が75%落ちたときといわれています)では一番怖い状態です。

先ほど書いたことは無麻酔でのシャンプー(事情がなければ麻酔をかけてシャンプーはしないので)の話ですので、麻酔をしていたのであれば、今日になって少しずつ動きがよくなってきているのでなければ、病院で念のため診てもらっておくことを強くお勧めします。
腎臓はダメージを受けると再生しにくい臓器ですので、できるだけダメージを受ける前に診ておいて貰う必要があります。

猫 についての関連する質問