JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5275
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

生後6ヶ月 ミックス種 雄猫(2匹、同日出産の兄弟) を飼っています。 先日、虚勢手術をいたしました。 その際、

解決済みの質問:

生後6ヶ月 ミックス種 雄猫(2匹、同日出産の兄弟) を飼っています。
先日、虚勢手術をいたしました。
その際、事前の血液検査を致しましたが、1匹の猫については

GTPの数値が73とありました。(もう1匹は37)
通常値は30~50との説明がありましたので
かなり、高い数値なのかと心配しております。
その時点で、医師からは何の指摘も受けず、手術も実施いたしました。

普段は大変元気にしており、食欲、排便、排尿共に問題はありません
ただし、夏に兄弟で大暴れで遊んでいた後、数回口で息をした所を日を分けて
2回ほど見ており、猫は口で息をしないのと聞いたことがありましたので
GTP数値が高いのでは?という質問と共に、その旨伝えましたところ
その時、初めて気付いたように「本当ですねぇ、、、心筋症の疑いかもなぁ~」との返答がありました。

その場で、レントゲンを撮ってもらい今後の指示を仰ぎましたが
撮影時に暴れたからぶれたようだが、、バレンタインハートにも見えるような~と
何とも、あいまいな返答です。

結局、 様子を見る方向になりましたが、何一つ、飼い主として不安は解消されません
検索サイトにて調べられる限りの情報も見ましたが
GTPの正常値についても80前後までとあるサイトや情報が多く、成長過程の猫については
不安定な時期もあるとあり、また、夏季の気温の高い時期の運動後 口で数回息を
する事は、特に心配に至らない等の情報も見ました。

質問としては、GTPの数値の高い猫の方について
 73は本当に心配な数値であるかどうか?

口で数回息をしたのを、2回見たが心配が要るのか?

前記の内容より、心筋症の疑いがるのか?

当方、単身世帯のため日中は猫兄弟のみの生活となります
重ねて言いますが、私の見る限りでは元気そのもので、特に
GTPが高く、心筋症か?といわれている猫の方が活発に遊びます。
ただし、普段日中に目が届かない分、問題があるならば
早いうちに、しかるべき治療を開始してやりたく思います。

なお、GTPの上昇傾向猫について、体重の重さの指摘をよく見ます。
GTP37のほうが、5キロ  73のほうが5,2キロ
餌は、サイエンスのドライを出掛けに皿に入れ、食べたいときに食べたいだけ
という状況です。

今後、他院にてセカンドオピニオンを受けようかとも考えますが
まず、現状してやれる対処や、注意点、生活環境についても
ご指導頂ければ幸いです。

何卒よろしくお願いしたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし文章からだけの推測です。
的確なアドバイスができない場合があることを御承知ください。

GPT(ALT)の数値が上昇する原因は様々です

胆管肝炎、猫の伝染性腹膜炎(FIP)、毒物、薬物、肥満、膵炎、外傷
などで上昇するとされています 。

軽度にGPTの上昇だと肥満や軽度の炎症があるなどが考えられます。
また正常範囲というのはあくまでも指標で人間でもありますが
生まれつき高い数値のネコも居ます。

またGPTは心筋とは直接的には関係ないので心臓とは関係ありません。

まずは太り気味であれば減量させること、
一か月毎に血液検査で数値をモニターする
などで上昇がなければ正常である可能性が高いと判断できるでしょう。

異常である場合には腹部超音波検査や肝臓機能検査、肝臓の針生検などが
必要になってくるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
早速の回答をありがとうございました。各数値には、個体差がある事については理解できますが結局のところ、73は軽度に高いと判断出来 るのでしょうかまた、GTP数値が、心筋疾患に直接的に関係ないとの理解も出来ます。多分、こちらの医者も口で息をした。との情報で心筋の話を出したと思います。 しかしながら、心筋の疾患にかかわらずとも夏季に大暴れの末、口で息を数回、、、というのは異常の前兆とも取れるのでしょうか?それとも、ほかの猫でもあることなのでしょうか?また、肥満傾向の猫にGTPの上昇も見られるとの事これも、猫種や個体差はあるとは思いますが、一般的に6ヶ月の猫の平均は1,5~3キロ程との資料を見ました。当方の猫は見た目には、決して太っているようには見えませんが5,2キロとなれば、大きすぎるのか?と判断しかねています。サイエンスダイエット、いつでも食べ放題という生活環境がよいのかどうかについても、少々迷いがあります。
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
軽度に高い可能性がある程度だとおもいます。
注意して経過をみる必要はあるが数値が上昇したりぐったりしなければ許容範囲
でしょう。腰のくびれが無いなら太っています。

猫の大きさは色々ですから、腰のくびれや肋骨への
肉の付き具合で判断します。

GPTの数値の解釈はあくまで肝臓に対して負担がかかっている
という指標です
高いから悪いのではなく、高いから幾つかの原因が考えられると
解釈するものです
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
食べ放題の生活は良くないので毎日
朝晩とも食餌は下げましょう

肥満や歯石がつきやすい原因です。
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
夏場に多少呼吸が荒くなっても正常範囲である
可能性が高いとおもいます。
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問