JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

初めまして。長谷川と申します。どうぞよろしく御願い致します。  2歳と1ケ月になる体重2.8Kg程度のメス猫バーマン

質問者の質問

初めまして。長谷川と申します。どうぞよろしく御願い致します。  2歳と1ケ月になる体重2.8Kg程度のメス猫バーマンを飼っております。 今週CTと内視鏡検査を受ける予定について、予定どおり受けてもよいものか御意見をお伺いいたしたく御相談申し上げます。 検査目的は、①ホルモンをだしている場所を確定するためと、②IBDの疑いがあるため内視鏡で生検するためです。  ①昨年避妊手術時、単角子宮ということがわかり片方のみの手術となりましたが、今年1月から2月と6月に発情をしました。一回目は1か月間発情・そのためホルモン剤注射でおさまり、二回目は一週間ほどで自然におさまりました。その後現在まで発情なしです。ホルモンをだしている場所が特定できれば手術もしやすいとのことでした。 ②嘔吐をするときがあるため、食事を低分子とセレクトプロティンにずっとかえております。 症状が一週間に 何度かある場合はかかりつけの病院にいって血液検査をしてもらい(好酸球値が11-14と高いことが多く 前回9月検査時は7までさがりました)、その都度ステロイド剤や胃薬を投与して頂いております。 (ステロイド剤は毎日投与数日、1日おき投与を二週間などのように) 症状がおちつけばステロイド剤はやめて元気な間は様子を見るということを続けております。   先にこれまでの経緯をお伝えいたしましたが、実は一昨日と昨日続けて夜ごはんあとにすぐ思い切り食べたものをはきました。 これまでになく思い切り全部はき、嘔吐時もぜいぜいしていました。 その後しばらくしてお水を飲んだりまたごはんをたべたりして、そのときは吐いておりません。今週金曜日が検査の日で、このまま全身麻酔の検査をうけさせてよいものか迷っています。 昨夜病院に相談したところでは、一度はいたあとに水を飲んでもはいたりたべたものをはくなどしていないので、検査はそのまま予約をいかしておきましょうとのことでした。  実は検査を予約したきっかけは、10/14日ころから下痢気味状態が続き、その症状が悪化した10/18日緊急でかかった普段診ていただいている病院でない24時間対応病院で診察していだだきすすめられたためです。 下痢に関しては、悪玉菌が増えているという診断で整腸剤(腸まで届く乳酸菌)11日分と抗生物質?6日分投与でよくなり、10/29日頃から通常便です。(10/18日以降普段の病院ではないと病院での診断投薬です) どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

まず、検査についてはCTも内視鏡検査も麻酔をかける検査ですが、検査されることは問題ないと思います。

麻酔の10時間まえ位から絶食を指示されると思いますので、それまでは特に今まで通りの生活でいいです。多少はくことがあったとしても元気であれば麻酔はかけられます。

内視鏡検査により胃、十二指腸の組織をとって病理の専門の先生に診断してもらえれば、シオンちゃんの慢性の間欠性嘔吐の原因はある程度診断が付く可能性あると思います。

CTで残りの卵巣を確認することができるかどうかやってみないとわかりませんが、検査にかかる時間もそんなに長くはないと思います。CTをとってそのまま内視鏡検査をしてさらに開腹して残りの卵巣をとるのでしょうか。そうすれば一回の麻酔で全部おわらせることができます。

今回は残りの卵巣をとることはしないということであれば、もう一度麻酔をかけるということになります。

もし、金曜日の麻酔しての検査に不安があるようであれば、その前にもう一度かかりつけ病院で診察をされてみて血液検査などして麻酔をかけても大丈夫かどうかも含めてご相談されてみてはいかがでしょうか。そうすれば飼い主様も安心でしょうし、かかりつけ病院にも前もって連絡することもできます。検査をした後の治療も今までのかかりつけ病院に引き継いでもらえますのでぜひそうしてみてください。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問